【最新】【2018年冬】本当に使えるモバイルバッテリーはAnker PowerCore 20100 で決まり!

sponsored link

どんどん減っていく充電。

移動中や旅行先で写真とったり、動画撮ったりすると充電がすぐになくなってしまいますよね。また、秋は子供の運動会でスマホの出番が多いでしょう。

そんなときに持っていきたいのは、モバイルバッテリーではないでしょうか?

でも、モバイルバッテリーってどんな基準で選んでいいかわからないって人のために、今回はモバイルバッテリー選びの基準おすすめモバイルバッテリーを選びました。

モバイルバッテリー選びの基準

  • 容量(スマホがたくさん充電できるか)
  • 重さ(持ち運びやすさ)
  • 出力の大きさ(2A以上など)

容量とは、mAhで表示されているどのくらいスマホが充電できるかというものです。どれくらいバッテリーの中に貯め込むことができるかということですね。

これが大きければ大きいほど、スマホを複数回充電できます。

例えば、容量20,000mAh以上の場合、スマホを4~5回以上充電できます。もちろん、自分の持っているスマホの容量にも関係します。

IPhoneXは2716mAh。Xperia XZなら2900mAhなど機種によって大きさがちがうので自分のスマホの容量を確認しましょう。

次に、重さですが、もちろん軽いほうがいいですよね。

でも、基本的には軽ければ容量が少なくなり、重ければ容量が大きくなるのは直感的にもわかると思います。

なので、軽くて容量が大きいのがおすすめモバイルバッテリーとなるわけですね。

最後の出力ですが、一度にどのくらいスマホに電気を流すことができるのか?というのがこの出力です。

急速充電などといえばピンとくるかもしれませんね。この出力が高ければ高いほど短時間で充電ができることになります。

おすすめモバイルバッテリーはこれで決まり!

まず、一気にたくさん充電したいのであれば、

Anker PowerCore 20100 (20100mAh 2ポート 超大容量 モバイルバッテリー) iPhone&Android対応 マット仕上げ (ブラック)

sponsored link

です。特徴は、

超大容量

20100mAhの大容量で、iPhone XSに約5.3回、Galaxy S9に約5回、iPad Pro(9.7)に約2回の充電が可能です。またApple MacBook (12インチ, 2015)も約4~5時間で満充電可能です(PowerIQ非対応)。

コンパクトで軽い

従来の20000mAhモバイルバッテリーから、サイズ重量ともに約30%の小型化・軽量化を実現し、20000mAh以上のモバイルバッテリーでは、最もコンパクトで世界最軽量(2018年8月時点)。缶ジュース1個分(350g)ほどの重さしかありません。

フルスピード充電技術

Anker独自技術PowerIQとVoltageBoostにより、超高速充電を実現。各ポート2.4A、合計で4.8A出力が可能です(入力:5V / 2A)。

でも、ちょっと価格で手が出ないという人は、同じメーカーAnkerのモバイルバッテリー。

Anker PowerCore 10000 (10000mAh 最小最軽量 大容量 モバイルバッテリー) iPhone&Android対応 *2018年8月時点 (ホワイト)

世界最小&最軽量:なんと180g

10000mAh以上のモバイルバッテリーでは、世界最小&最軽量(※2018年8月時点)。10000mAhの大容量ながら、ポケットにも収まるほどコンパクトで、卵3つ分ほどの重さしかありません(約180g)。

コンパクトで大容量

iPad Pro(9.7)に約1回、Galaxy S9に約2回半、iPhone XSに約2.6回、その他ほとんどのスマートフォンに複数回の充電が可能です。(安全かつ高速にお使いいただくために、2A出力のアダプタでモバイルバッテリー本体を充電を推奨)。

フルスピード充電技術

Anker独自技術PowerIQとVoltageBoostにより、お使いのすべての機器に対し、最大2.4Aで急速充電が可能です。 (*Qualcomm Quick Charge対応機種には、Anker PowerCore Speed 10000 QCをご利用下さい)

いかがでしょうか。

モバイルバッテリーで快適なスマホライフを楽しみましょう。

sponsored link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA