修学旅行でモバイルバッテリーは手荷物?預ける?

sponsored link

「今度、修学旅行で沖縄にいきます」

「北海道が修学旅行先です」

最近では、沖縄や北海道が高校での修学旅行先となるケースが増えているようです。

ワタシのころは京都が多かった気がしますが、時代の流れですかね。

沖縄や北海道に行くには基本的な移動手段として飛行機ですね。

飛行機では、様々なマナーがあるので持ち物については十分気をつけないといけません。

高校生ともなれば、みんなスマホをもっていますし、写真や動画撮影をしていたら充電が足らなくなってきます。

そんなときに役に立つのは、モバイルバッテリーですよね。

モバイルバッテリーを修学旅行先にもっていく場合、飛行機ではマナーがあります。

モバイルバッテリーを持っていきたいのですが、手荷物と預けるのはどちらが正しいでしょうか?

モバイルバッテリーは必ず手荷物

モバイルバッテリーは機内の大きなキャリーケースではなく手荷物の中にいれるようにします。

理由は、機内預け入れだと発火の可能性のあるモバイルバッテリーは禁止されているからです。

でも、モバイルバッテリーをお腹の中にいれるわけにはいかないですから、手荷物のバッグのなかにしまっておきましょう。

モバイルバッテリーの売れ筋としては、一番人気の

「Anker PowerCore 10000」がおすすめです。

Anker PowerCore 10000の特徴1:世界最小&最軽量

  • 世界最小&最軽量:10000mAh以上のモバイルバッテリーでは、世界最小&最軽量(※2018年8月時点)。10000mAhの大容量ながら、ポケットにも収まるほどコンパクトで、卵3つ分ほどの重さしかありません(約180g)。

  • コンパクトで大容量:iPad Airに約1回、Galaxy S8に約2回半、iPhone XSに約2.6回、その他ほとんどのスマートフォンに複数回の充電が可能です。(安全かつ高速にお使いいただくために、2A出力のアダプタでモバイルバッテリー本体を充電を推奨します)。

    sponsored link
  • フルスピード充電技術:Anker独自技術PowerIQとVoltageBoostにより、お使いのすべての機器に対し、最大2.4Aで急速充電が可能です。 (*Qualcomm Quick Charge対応機種には、Anker PowerCore Speed 10000 QCをご利用下さい)

  • 安心・安全:高品質のバッテリーセルを採用し、外装は汚れや指紋もつきにくい高級感のあるマット仕上げ。また、Ankerのマルチプロテクトシステムにより、長期間安心してお使いいただけます。

最安値でみてみると、Amazonがいい価格ですね。

Anker PowerCore 10000 (10000mAh 最小最軽量 大容量 モバイルバッテリー) iPhone&Android対応 *2018年7月時点 (ブラック)

実際に持ってみるとわかりますが、かなり軽いです。

お急ぎ便で購入すれば、すぐに手元に届くのもAmazonのメリットですね。

移動中に、音楽が聞きたいときはAmazon audibleが現在無料体験実施中!

詳細は、下のバナーをクリック

↓↓↓

sponsored link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA