辞表は封筒に入れる? 書き方はどうする?

sponsored link

社会人になって会社勤めすると、学生のバイトの時のように口頭で上司に「辞めたいです」などと言うことはほぼないですよね。

会社を辞める意志が固まったらきちんと必要な書類を書き、提出する必要があります。

まず辞表・退職願・退職届という言葉を聞いてどれも同じような意味じゃないの?と思う方がいるかもしれません。

でも微妙に違うんです。

恥ずかしながら私はこの3つの違いを質問された時に正しい答えを言えませんでした。

最初にこれらの意味を説明しましょう。

【辞表】…会社の経営者や役員(管理職)・公務員が退職する場合に必要な書類

【退職願】…文字通り、退職したいという希望を願い出る書類

雇用契約の解約を申し出るもの

【退職届】…○月○日をもち退職致します。と

意思表示を明確に記したもの

受理された時点で退職となる

会社を辞めるときに書く辞表の書き方

基本的に辞表の書き方は、退職願の書き方と似ています。

最初の表題が退職願ではなく辞表になったものがよく用いられてます。

・△△には自身の役職(取締役など)を記入

・印は印鑑を押します。認印で大丈夫ですがシャチハタはNGです

sponsored link

・用紙のサイズはA4かB5のどちらかで選びましょう

書いた辞表はきちんと封筒に入れるのがマナーとされています。

《封筒に入れる時のマナー》

・ビジネス向けの封筒は、白色と茶色を使うのが主流

となっています。茶色は領収書などの事務的な書類を入れるものとされているため

・郵便番号がついている封筒もこの場合は適さないので無地を使用しましょう

・封筒にのり付けは不要です。受け取った人が中身をすぐに確認しやすいためです。ただし元々封筒にシールやのりが付いている場合は見た目もあるので封をして構いません。

封をした場合は〆マークを付けます。

退職願は手書きじゃないといけないの?

今の時代、パソコンで書類作成するのが当たり前になっている中で手書きじゃないいけないという決まりは特にありません。

パソコンで作った退職願いでもOKとされています。

会社によっては退職する際の書類が用意されている場合もあるかもしれませんが大半は個人で用意しないといけないと思います。

あなたならパソコンで作るか手書きかどちらにしますか?

パソコンで作った際は本人が作った物なのか確認するために押印や自筆のサインを求められる場合もあります。

時間や手間もかかりますが、手書きの方がお世話になった会社に対しても誠意が伝わると考える人も少なくはありません。

誰もが会社を辞めるときは円満退社したいと思うでしょう。

終わりよければ全て良しという言葉がありますが、最後まで丁寧に対応してお互いが気持ちよくコミュニケーションがとれれば円満退社にもつながるでしょう。

あなたが気持ちよく円満退社するためにはどちらがいいのか検討してみましょう。

sponsored link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA