妊娠中にインフルエンザの予防接種はOK?大丈夫なの?

sponsored link

秋が過ぎ、季節も冬ですね。

この季節になると、毎年脅かされるものがあります。

そう、それは「インフルエンザ」です。

私はここ数年幸い患ってはいませんが、毎年ニュースでも流れているように、重症化すると人を死に至らしめることもある恐ろしい病気です。

そんな恐ろしい病気にならないためにも大事なのが「予防接種」です。

私はもう今年の予防接種は済ませましたが、みなさんはどうですか?

予防接種しても絶対にインフルエンザにならない、というわけではありませんが、打っておくとかかりにくくはなりますし、発症しても重症にならずに済むので、これは皆さん面倒がらずに打って頂きたいものです・・・が、妊婦さんって、どうなのでしょう?

妊婦さんは、基本胎児への影響を考えて、風邪などをひいても、出来るなら薬などは摂取しないように言われているはずです。

そんな妊婦さんは、インフルエンザの予防接種ってしても大丈夫なのでしょうか?胎児への影響も心配ですよね。

そこで今回は、そんな疑問を解消するべく調べてきましたので、見ていきましょう。

妊婦さんでもインフルエンザワクチンを接種した方がいいワケ

結論からいうと、妊婦さんでも予防接種はした方が良いです。

というのも、もしもインフルエンザになってしまった場合、通常は特効薬である「タミフル」や「リレンザ」を使用します。

ですが、妊婦さんに限っては、はっきりとした安全性が確認されていないので、十分な考慮の上で投与する決まりになっています。

治療上のメリットが危険を上回るとお医者様の方で判断がされる場合だけ、上記の特効薬が投与できるのです。

先ほどもお伝えしましたが、この薬が妊婦さんに対しての安全性が確認されていないので、逆に言えば投与した方が危険と判断されると薬が貰えないのです!

ですので、予防接種をせずに、万が一インフルエンザにかかってしまった場合、薬を貰えず、治るまでに時間がかかってしまいますし、薬が投与されないことで重症化してしまう可能性があるのです。

sponsored link

そうなると母子共に危険ですよね。

ですので、予防、そして万が一かかってしまった場合に重症化を防ぐ為にも、妊婦さんなら尚更予防接種はしたほうが良いのです。

胎児への影響は? 妊娠中にインフルエンザの予防接種をしても本当に大丈夫なの?

先ほど予防接種はした方がいいとは言いましたが、とはいってもお腹の赤ちゃんへの影響は心配ですよね。

妊娠中でも予防接種はしても問題はないのでしょうか?

ではまず、インフルエンザのワクチンの成分をご紹介します。

ワクチンは、不活性ワクチンといって、死んだウイルスを使って作られているので、毒性はありません。

なので、母体にも、胎児への影響も極めて低いとされています。

ですから、予防接種はしても胎児への影響は問題ないですよ!

さらに、予防接種は悪いどころか、良いことづくめなのです。

なんと、インフルエンザの予防接種をきちんとした妊婦さんから生まれた赤ちゃんは、そうでない赤ちゃんに比べて、生後6か月までにインフルエンザにかかる確率が63%減少する、という研究データもあるのです。

お母さんにとっても、赤ちゃんにとっても、どっちにもメリットがあることといえますね!

また、摂取可能次期に関しては、妊娠中どの時期であっても基本的には問題ありません。

ただし、妊娠初期は流産のおこりやすい時期なので、もし心配であれば予防接種を行うお医者様に相談するといいと思います。

いかがだったでしょうか?

妊娠が一人目だったら、まだ外出をなるべくしない等の自己防衛はできますが、それ以降だと上の子が幼稚園や学校からウイルスを貰ってくる可能性もありますし、自己防衛にも限界があります。

ですので、なるべくインフルエンザの予防接種は受けたほうがいいのではないでしょうか。

しっかり予防して、この冬を乗り切りましょう!

sponsored link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA