親父の入院のお見舞い金はいくら?何を持っていけばいいの?

sponsored link

「急に親父の体調が悪くなって入院してしまった」

でも、親の入院で何をもっていっていいかわからない。

親が入院をしたらお見舞金、お菓子はどんなものを持っていったらいいのか分からない人にわかりやすく紹介したいと思います。

お見舞金を包む場合の相場は?

両親、親戚お見舞金の目安は

5,000円~10,000円になります。

病気、けがなどで入院した身内、親戚が入院をしたらお見舞金、お菓子を包まなければいけません。

兄弟で金額をそろえるのか?などを相談することが大切です。

お見舞金の包み方は?

お見舞金を包む袋は祝儀袋を使います。

お見舞金の袋には二度と事故、怪我がないように紅白の結び切り、あわじ結びの水引を使うそうです。

紅白の水引が祝い事に使いますが、気になる人は白くても書かれていない封筒、左に赤い線が入った封筒を使いましょう。

表に御見舞、お見舞と記入します。

お見舞いでもっていくお菓子の種類には気を付けて!

お見舞いのお菓子の相場は3,000円くらいなので、相手に負担がかからないことが大切です。

3,000円を目安に相手が好きなお菓子を選びましょう。

食べ物をプレゼントするときは、食事を制限されていないか、アレルギーがあるかなどを買う前に確認することが大切です。

食べ物が大丈夫でも消化が悪い食べ物、賞味期限が近い食べ物はもっていかないようにしたり食べきる量を選びましょう。

sponsored link

お菓子を持っていくときは袋に一つずつ小分けで食べられるものがおすすめです。

食欲がない人に持っていくときはのどごしが良いゼリー、ようかんなど好きなお菓子をもっていくと喜ばれると思います。

「喜ばれるお菓子」

お菓子、フルーツが定番ですが、年配の方にはお茶、玉露、中国茶などの普段のむことがない高いお茶を贈ると喜びますし、甘いお菓子が好きな人には和菓子を贈ってみてはどうでしょうか?

食事制限のある人には食べ物より花を贈ると気分が華やかになって癒されますよ。

※花を贈る時に注意することは、

花は感染したりなどがあるので贈る時は病院に問い合わせてみてくださいね。

お花を贈るときはお花屋さんでお見舞い用にアレンジされた商品を相談して選んでみてはどうでしょうか?

会社の上司、同僚のお見舞金はどうするの?

「上司」

3,000円~10,000円です。

目上の方に現金を渡すのは失礼なのでお見舞品を贈りましょう。

「同僚へ」

お見舞いをしたいと考えている人から一人1,000円~3,000円くらいを集めて渡しましょう。

※個人で別にわたすときは3,000円~5,000円にしましょう。

「部下」

5,000円~10,000円です。

まとめ

自分の両親、親戚の人が怪我、病気などで入院をしたらお見舞金だけではなくお菓子も一緒に持っていくことを忘れないようにしましょう。

会社の上司、同僚が入院したときのお見舞はそれぞれマナーがあるので失礼がないようにしましょう。

sponsored link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA