常温保存できるケーキってあるの?

sponsored link

誕生日・記念日・クリスマスやパーティーなどのイベント事ではよくケーキが出てきますよね。けれども食べきれずに残してしまったことはありませんか?

処分するのはもったいない…けれどその日に食べきるのは無理がある…

こんな時あなたはどうしますか?

ケーキの中に入っている材料によってはちょっとしたひと手間をすることで処分したりせずに数日保存ができる方法があるんです。

最近は共働きの家庭も多く時短料理は人気がありますよね。

冷凍できる食材はカットしておき、少し茹でるなどしておくことで手早く料理することができます。

どんな食品が冷凍しても大丈夫なのか?どのくらいの期間保存ができるのか?そういった料理本を何冊か見たことがあります。

生活において食は基本です。その為に必要な知識は知っていて損はないと思っています。

食べ物に限らず何でも手を加えて工夫をすると少しでも長く良い状態を保つことが出来ます

ケーキにもひと手間を加えるだけで買ってきた当日に全部食べきれなくても別の日に食べることができるので知っておくと役に立つと思います。

どのようなものがあるのか紹介しましょう。

ケーキの保存は冷蔵が基本!でも常温保存できるケーキもあります

ケーキと聞いて思い浮かぶのは生クリームや果物が沢山入ってるものだと思います。

ですがこのような乳製品・生クリームを使用したものはどうしても賞味期限が短かくて日持ちはしません。

フルーツを沢山使ったものも時間がたつにつれて鮮度が落ちていくためなかなかもちません。

それらの食材が入っているものは日持ちがしないので大抵の人は残ったら冷蔵庫に入れておくでしょう。その入れ方にも気を付けたいポイントが何点かあります。

乳製品やフルーツが入っていないケーキは少し日持ちがするので保存もしやすいです。

どんなものがあるかというとベイクドチーズケーキやガトーショコラなどのしっかりと加熱されているものは少し長くもちます。

【ケーキを冷蔵保存する時に気をつけること】

・ケーキが入ってた箱のまま冷蔵庫に保存しない。

・乾燥するのを防ぐようにする。

紙製の箱だと冷蔵庫の中の臭いを吸着しやすいので、臭い移りしてしまうこともあるんです。

結構知らずに入れたままの状態で冷蔵庫の中にしまっていたという方も多いのではないでしょうか?

さらに紙箱は完全に密閉されてない上に乾燥しやすいのでクリームやスポンジ部分が乾いてしまって味が落ちる原因にもなるんです。

私もこれらを知るまではそのまま冷蔵庫にしまっていました

思い返してみると、前日とは違って表面が固くなっていて中のスポンジもふんわり、しっとりとは言えない状態だったと思います。

保存する際は完全に密閉できる容器に移し替えることをお勧めします。

もしも容器に入りきらないサイズの場合はお皿にのせてから、乾燥しないようにラップをしておくといいでしょう。

大半のケーキはこれらのように冷蔵庫で保存することで少し日持ちさせることができますが、なかには常温保存ができるケーキもあるんです。

どんなものが向いているかと言うと乳製品や果物を沢山使っていない、しっかりと焼いてあるものです。

常温での保存ができれば前日におやつとして作っておいて次の日に出したり、ちょっとした手土産に作って持っていくこともできますね。

sponsored link

以前、友人の家で集まった時に手作りのドライフルーツ入りパウンドケーキを頂いた事があったのですが焼き上がりから時間がたっていてもしっとりとした生地でとても美味しかったのを覚えています。

こういう手作りのおもてなしができる女性は素敵だなぁーと憧れて一時よくパウンドケーキを私も作ってました。

常温で保存することができれば一度に食べきれずに残ってしまっても安心して持ち帰ることもできますね

ではどんなものが常温保存できるのか紹介しましょう。

常温保存できるケーキの種類をまとめました

常温で保存ができるケーキの代表的なものと言えばパウンドケーキがあげられます。

その他にはマフィンやマドレーヌも数日保存ができるんです。

しかし覚えていて欲しいことは、それぞれのケーキの中に何が入っているかを注意して見ておきましょう。

生もののフルーツや乳製品が入っていれば保存の日数は短くなるので常温ではなく冷蔵で保存した方がいいです。

中に入れるトッピングも保存ができるような物を選ぶといいでしょう

例えばパウンドケーキやマフィンのトッピングだとチョコチップやドライフルーツ・ココア・紅茶・抹茶ベースなどは常温でも保存ができるのでいいですね。

パウンドケーキ 常温 4~5日 冷蔵 6~7日
マフィン 常温 3~4日 冷蔵 5~6日
マドレーヌ 常温 2~3日 冷蔵 4~5日

※常温保存は直射日光が当たらなくて風通しのいい場所での保存のことをいいます。

【日本薬局方の記載の手引き】によると常温(15~25℃) 室温(1~30℃)を規定としています。

しかしいくら常温で保存ができるとは言えども大事なことはケーキを乾燥させないよう、しっかりラップや密閉容器に入れておくことです

この作業を怠るとせっかくのケーキの表面が固くなり美味しい状態で食べれなくなってしまいます。ちょっとしたことですがこのひと手間が大事なんです。

あと夏場はどうしても長時間の常温保存は厳しいので冷蔵庫で保存した方が良いでしょう。

手作りだと余計な添加物も入っていないのでお子さんにも安心して食べさせてあげれます。このように保存ができるケーキもあるので、涼しい時期や冬場などのおやつに作ってみてはいかがでしょうか?

私がよく作っていた簡単にできるパウンドケーキを紹介しておきます。

【ナッツとドライフルーツのパウンドケーキ】

ホットケーキミックス 150g

卵(L) 1個

牛乳 50cc

ナッツ&ドライフルーツ 60g

白砂糖 50cc

サラダ油 大さじ1

※型の大きさはW7.5×D17.8×H5cmを使っています。少し大きめ位がちょうどいいです。

ホットケーキミックスでとても簡単!バターではなくサラダ油を使うのでカロリーも少なめです。

材料も少なく作れるので是非お試し下さい。

sponsored link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA