妊娠前にインフルエンザの予防接種はOK?

sponsored link

秋が過ぎ、季節も冬ですね。

この季節になると、毎年脅かされるものがあります。

そう、それは「インフルエンザ」です。

私はここ数年幸い患ってはいませんが、毎年ニュースでも流れているように、重症化すると人を死に至らしめることもある恐ろしい病気です。

そんな恐ろしい病気にならないためにも大事なのが「予防接種」です。

私はもう今年の予防接種は済ませましたが、みなさんはどうですか?

予防接種しても絶対にインフルエンザにならない、というわけではありませんが、打っておくとかかりにくくはなりますし、発症しても重症にならずに済むので、これは皆さん面倒がらずに打って頂きたいものです・・・が、妊娠中は赤ちゃんへの影響を考えて薬の投与には慎重になるものです。

もしも予防接種をした後に妊娠して、万が一赤ちゃんになにか影響があったら・・・と考えると心配ですよね。

そこで、今回は妊娠前でもインフルエンザの予防接種は出来るのか、また、影響はないかなど調べてきましたので、見ていきましょう!

妊娠前でもインフルエンザワクチンを接種した方がいいワケ

結論から言うと、インフルエンザの予防接種はした方が良いです。

というのも、もし妊娠後に、インフルエンザにかかってしまった場合、重症化してしまう可能性があるからです。

なぜなら、基本的に妊婦さんには、インフルエンザの特効薬の「タミフル」や「リレンザ」が、使えない場合が多いからです。

これらの特効薬は、妊婦に使用しても問題がないという安全性が確認されていないため、よほどのことがない限り処方してもらえません。

となると、もしインフルエンザにかかってしまった場合、治るまでの時間がかかることになってしまいますし、さらには重症化してしまう恐れがあるのです。

インフルエンザのワクチンはかかりにくくするための予防は勿論、もしインフルエンザになってしまっても、重症化を防いでくれる役割があるので、そのため受けた方がいいのですね。

sponsored link

妊娠前にインフルエンザの予防接種をしても大丈夫?

 

とはいえ、これから妊娠するかもしれない体を前に、ワクチンを投与するとは不安もありますよね。

ワクチン接種後に妊娠した場合赤ちゃんに影響はないのか、など色々心配もされるかと思います。

こちらも結論から言うと、問題ありません!

その理由は、インフルエンザのワクチンの成分です。

まず、ワクチンには2種類あるのはご存じでしょうか?

ひとつめは「生ワクチン」と呼ばれるもので、毒性を弱めた細菌やウイルスを体内に入れて、病気にかかった時と同じ状態を作り、体内の免疫をつけるものなのですが

弱めているとはいえ、生きているウイルスを体内に入れるので、そのウイルスが胎児にうつる危険性があります。

ですから、「生ワクチン」は妊娠前には避けた方がいいでしょう。

代表的な生ワクチンは、「おたふくかぜ」や「水ぼうそう」などです。

対して、インフルエンザのワクチンは、「不活性ワクチン」と呼ばれるものです。

こちらは死んだウイルスを使ったワクチンのことを指します。

この「不活性ワクチン」は、死んだウイルスを使って作るので、ウイルスの病原性や毒性がなく、ワクチン接種後に妊娠をしたとしてもなんら問題がないのです。

そればかりか、その後赤ちゃんが生まれた場合

インフルエンザの予防接種をした妊婦から生まれた赤ちゃんは、そうでない赤ちゃんに比べて、生後6か月までにインフルエンザにかかる確率が63%減少する、という研究データもあるくらいです。

ですので、予防接種は、自分自身はもちろん、もし妊娠した場合は赤ちゃんにとっても、良いことづくめなのですよ!

いかがだったでしょうか?

新しい命を迎えるための準備中は、なにかと気を使いますし、不安もたくさんあると思います。

今回ご紹介した予防接種に関してもそうですよね。

この記事を読んで、少しでもお役にたてたのなら幸いです!

sponsored link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA