初耳!オメガ 3 って何のこと?どんな摂取するとどんな効果があるの?

sponsored link

オメガ3って初めて聞いたんだけど、どんな効果があるの?

実際に摂取すると子供の体にとってもいい影響があると言われているオメガ3。

オメガ3をとる方法などについてわかりやすく紹介したいと思います。

子供にもおすすめの栄養素「オメガ 3」の効果は?

オメガ3脂肪酸は生活習慣病にかからないために必要な栄養素と思われがちですが子供の成長するためにかかせない栄養素でもあります。

  • 脳の働きを活発にする働きがあるので記憶、判断力などを高めて、集中力がアップしたり発達障害がある人に効果が期待できます。

  • 発達障害がある人は自分の感情をコントロールすることができないので普通じゃ考えられない行動をとることがあります。

  • オメガ3を食事でとることで情報を正確に伝えたり、感情を抑えてくれる働きがあります。

  • 発達障害の症状があるとうつ病などの精神的な病気が出ないように予防する働きがあります。

※発達障害の二次障害はうつ病です。オメガ3をとることで精神的な不安を安定させるので気持ちがマイナスに傾かないように予防する効果があります。

脳の成長にかかせない栄養素なので子供だけではなく大人も積極的にとることが大切だと思います。

sponsored link

オメガ3を効果的に摂取する方法はどんなものがあるの?

オメガ3はサプリメントはありますが成長期の子供は食事で必要な栄養をとることが大切だと思います。

オメガ3が入っている食材はサバ、サンマ、子持ちシシャモ(卵)に入っています。

値段が安い魚にもオメガ3脂肪酸はたくさん入っています。

大人、子供で魚が苦手な人は、亜麻仁油、えごま油などを使って食事からオメガ3脂肪酸をとるようにしましょう。

※亜麻仁油(あまにゆ)は「あま」の植物の種からとれます。

アレルギー症状を和らげたりアトピーで悩んでいる人、コレステロール、血圧を下げてくれる働きがあります。

※えごま油はえごまの種からとれます。

認知症を予防したり、うつ病などの症状が改善されます。

  • オメガ3は熱に弱いので食事から摂るときは生で食べるようにしましょう。

  • オメガ3は酸化しやすいので魚からとるときは新鮮なものを食べましょう。

※オメガ3脂肪酸を一日とる量は、1gです。

※オメガ3は、ナッツに入っていますが食べ過ぎると生活習慣病にかかってしまうので注意が必要です。

オメガ3まとめ

オメガ3は大人だけではなく子供もとることで脳の成長にはかかせない栄養をとることができます。

魚が食べられない人はオメガ3が入っている油を料理をするときに使って積極的にとるようにしましょう。

sponsored link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA