【大人のマナー】封筒の添え書きってどうする?

sponsored link

社会人になると色んな人との関わりも増えていきますよね。

正しいマナーを身につけることは自分自身のスキルアップにもつながり、ワンランク上の生活や仕事ができると思います。

マナーは一生の財産となるスキルと言っても過言ではないでしょう。

最近では履歴書や書類もパソコンで作成したり、手書きで書くことが少なくなってきてはいますが封筒に書く宛名などは手書きで書くことが多いかと思います。

ここでは封筒への書き方、添え書きについて紹介していきたいと思います。

そもそも、添え書きの目的って知ってる?

封筒の添え書きとは、主にその中身が何であるかを表している場合が多いです。

例えば封筒の宛名面(表面)に書いてある「親展」という文字をよく目にしたことがあるかと思います。実はこれも添え書きのひとつなのです。

会社やお店など、郵便物が沢山届く場所はひとつひとつ封筒の中身を確認していく作業が大変ですよね。

このような場合であっても、なにかしらの添え書きがあることで受け取った人は優先順位を考えて中身を確認したり仕分けたりすることができるので、仕事の作業が円滑に進みます。

 

赤色で書かないといけないのか?と疑問に思った方もいるかもしれませんが色の決まりは特になく何色でも構いません。赤色で書いてある添え書きはよく目立ち他の郵便物と間違えられたり紛失したりすることがないようにするという重要な意味もあります。そのため、気づきやすい色として朱色や赤色が多く使われています。

 

sponsored link

添え書きの書き方の具体例が知りたい

添え書きの一例をいくつか紹介しましょう。

「履歴書在中」

「応援書類一式在中」

「見積書在中」「請求書在中」

「領収書在中」「折曲厳禁」「親展」など様々なものがあります。

親展…名宛人本人が開封してください(本人以外は開封禁止)

○○在中…〇〇が同封されています

折曲厳禁…折り曲げて配達日しないでください

【添え書きの書く位置】

・縦書きの場合は、封筒の宛名面の左下の位置に書く。

・横書きの場合は、封筒の宛名面の右下の位置に書く。

 

【履歴書の封筒に添え書きする場合】

封筒オモテ面の左下に「履歴書在中」と書きましょう。
「履歴書在中」の文字の大きさは封筒の大きさに合わせるべきですが、どんな封筒の大きさでも書く位置は同じです。

【請求書の封筒に添え書きする場合】

封筒オモテ面の左下に「請求書在中」と書きます。
位置は「履歴書在中」と同じ場所で大丈夫です。

ただし文字の色は赤ではない色の方が好ましいです。

なぜなら経営者や管理者の中には文字通り赤色は赤字を連想してしまう人が多くいるからです。

実際販売されているスタンプの色も青色や藍色ですよね。

添え書きは必ず記さなければいけないものでもありませんが、自分の大切な郵便物がスムーズに先方に届くためにも書いておく方が良いでしょう。

添え書きは出す人、受けとる人にとってもメリットがあるということがわかりますね。

sponsored link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA