これで完璧!ひな祭りのひな人形の飾り方

sponsored link

「あれ?ひな人形ってどうやって飾るんだっけ」

って毎年この季節になると、探しちゃいますよね。

はじめての場合なら、もっと何が何だかわかりませんよね。

その気持、わかります。

でも、大丈夫。

初めて迎える桃の節句、3月3日のひな祭りひな人形を自分らしく完璧に飾って可愛い愛娘のために幸せに過ごしていけるように想いを形にしてみましょう。

実は違った!地域で違うひな人形の飾り方

関東と関西ではひな人形の飾り方が違うように、

もっと細かく地域によっては様々な飾り方があるようです。

ここでは細かくここが違うと言うようなことは置いといて、住むところが違えばいろんなしきたりがあるんだということをしっかり覚えておきましょう。

思っている以上に日本のしきたりや伝統は所違えば多種多様です。引っ越しをした時は教えてもらうついでに仲良くなっちゃうきっかけになりそうですね。

ひな人形の飾り方、7段飾りの飾り方はどうする?

三人官女、五人囃子、右大臣左大臣を飾る。

新しいひな人形の場合は恐らくマニュアル付でしょうから迷うこともなく飾ることができるでしょう。

代々受け継がれたものなどはマニュアルや説明書なんてない場合は大奥のドラマのシーンなどを思い浮かべながら並べてみましょうか。

てゆうか笑

ほとんどの場合インターネットにお手本がたくさんあるので参考にできる便利な世の中になりました。

sponsored link

ここでは迷ってしまいがちな部分やちょっとしたオリジナリティを感じられるようにまとめてみました。

1段目 親王飾り

2段目三人官女

親王様方の直接お世話をする人達ですね。

真ん中に三宝を持って座ってる子、左側には加銚子を持ち口を開いている子、右側には長柄銚子を持ち口を閉じている子を配置します。端の二人はそれぞれ外側の足が少しまえにでています。

3人の間に高坏には季節の和菓子を飾ります。

桜餅やうぐいす餅がひな祭りらしいですよね。

3段目五人囃子

向かって左から太鼓、大鼓、小鼓、笛、歌い

小道具まちがわないように。

4段目右大臣左大臣と御膳と菱餅

向かって左に右大臣、向かって右に左大臣です。

二人の間に御膳と菱台に菱餅を飾りましょう。

二人合わせて随臣といいます。

5段目仕丁と植木

真ん中には沓台を持った色黒の人

向かって左側には台笠を持った口を開けた人とその外に橘

向かって右側には立傘を持った口を少し閉じた人とその外に桜

6段目と7段目には嫁入り道具を飾ります。

下には乗り物、上には家具類です。

7段飾りは土台を作るところから完成させるまで大変な作業になりますがスペースがせっかくたくさんあるので手作りの小物や将来お嫁に行く時に持たせたい小物、季節のお花やお菓子なども華やかに飾ってみましょう。

sponsored link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA