幼稚園補助金はいつもらえるの?!~そのこたえは12月か3月の支給日が多数

sponsored link

「幼稚園補助金っていつもらえるの?気になる支給方法は?」

正確には『私立幼稚園就園奨励費補助金』という、幼稚園の補助金のことです。

対象家庭には、まとまった額で支給されるので、うれしい限りですね。ただ、いつもらえるの?と気になっているパパママも多い。

幼稚園補助金の支給日は?

そこで経験談に基づいた幼稚園補助金の支給日のパターンは大きく2つ。

  1. 12月に支給されるパターン
  2. 3月に支給されるパターン

となっています。

また

毎年2回支給日があるという幼稚園もあります。

こちらもなんだかありがたいですね。

幼稚園補助金は、パパのお仕事の関係で引っ越しなどでした場合などで途中退園すると、支給額が変化します。そのため、あまり移動の少ない確定しやすい12月以降が支給日になることが多いです。

支給の方法は、手渡しか銀行振込

手渡しの場合は、決まった日に受け取りにくるように事前に親に通知されます。

手渡しのメリットは、なんといっても現金のありがたみ。

支給額は、各家庭の収入によって変化するため、中身がわからないように配慮されることが多いようです。

ちなみに、私の幼稚園では手渡し方式でした。

sponsored link

参考までに、川崎市の場合の補助金はこちらで確認できます。

>> 川崎市の幼稚園補助金ってどのくらいもらえるの?

銀行振込の場合

毎月の幼稚園代を引落しにしている場合、その口座に振り込まれるという流れが基本です。

実際にママ友達が通っている幼稚園は、銀行振込というシステムでした。
2月の半ばに支給額を示した書類が子供経由で渡され、3月末に振り込まれるようなスケジュールでした。

ただ、進級する場合、追加で費用がかかるので、その口座から差し引かれていくので、そこまで嬉しくないということもあります。

途中で転園した場合も、その通っていた月までの支給がされ、つぎの新しい幼稚園でも残りの分が支給されるので、安心してくださいね。

振込になるか手渡しになるかは、管轄の自治体次第と言えそうです。自治体のなかには、領収書(印)を義務付けている場合があります。

そうなると、幼稚園側も準備が大変ですが、手渡しになるのです。

とくに領収印を義務化していない自治体であれば、幼稚園サイドも準備に手間がかからない振込方式を取ることが予想されます。

sponsored link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA