佐藤エリ(ノンノモデル)の水着画像は!?昔は貧乏で太ってた!?

sponsored link

今じわりじわりとテレビ出演数を増やしている注目のハーフモデル佐藤エリさん。
端正な顔立ちと抜群のスタイルで『non-no』専属モデルとなってから1年足らずであっという間に人気者になった彼女ですが、その見た目からは想像できない過去の持ち主。
そのギャップがまた魅力的なんですよね。

佐藤エリのプロフィール

佐藤エリ(さとう えり)

愛称    えりりん

生年月日  1992年3月28日(25歳)

出身地   栃木県

身長    168㎝

所属    スペースクラフト

スペインとロシアのハーフの父と日本人の母から生まれたハーフ。

10代後半からモデル活動を始め、2016年4月に発売されたファッション誌『non-no』6月号より『non-no』専属モデルに。

以降モデル活動の他、バラエティ番組を中心にテレビでの活動も増えている。

水着画像は!?

身長168㎝。

スリーサイズはB80、W55、H83

推定カップはCカップというスレンダーボディの佐藤エリさん。

グラビア経験はありませんが、『non-no』専属モデルなら水着写真もあるだろうと調べてみたのですが、残念ながら水着の写真は見つかりませんでした。

でもこんな大胆ランジェリー姿を発見。

やっぱスタイルいいですね~

昔は貧乏だった!?

テレビ出演が増えている理由の一つが、その華麗な見た目と過去のギャップ。

佐藤エリさんは幼少期、栃木の田舎で祖母に育てられながら極貧生活を送っていたというのです。

両親はいったいどうしたの!?

という疑問への答えは見つかりませんでしたが、色々複雑な家庭の事情があったようですね。

昔住んでいた家はボロボロで、

「ご近所の方から味噌を借りたり醤油を借りたり米借りたりって生活の中でおかずが無くて、家の前に綺麗な田んぼが沢山あったのでおばあちゃんと2人で田んぼに行ってイナゴをとって、ペットボトルに入れて素揚げにして食べたりあとは佃煮にして食べたり…」

とイナゴをおかずのメインに食べていたことを告白。

また蛇を丸焼きにして食べていたという驚愕のエピソードも汗

これ昭和じゃなくて平成の話ですからね。

学生時代はお金のある時だけバスを利用していたといいます。

またお金が無い為病院へも行けず、キズや火傷はどくだみをすりつぶして塗りたくる。

という治療法だったとか。

本物でしょう。

そんな佐藤エリさんも人気モデルとなった今では有機野菜で豪華な食事を自炊。

家族のごはん🍙😋 * * ガパオライスに初挑戦🍴♬ * * 野菜をたくさん入れて、少しピリ辛にしました☺️ * * 最近、道の駅の新鮮な野菜にハマっています🍅 * * 味や食感がスーパーのものと全然違います!🙈✨ * * 皆様も地元にある道の駅などに、是非足を運んでみて下さい✨🌼 * * 御献立は… ・新玉ねぎや夏野菜をたくさん入れたガパオライス ・大葉たっぷりのササミカツ(卵や小麦粉を使わない) ・カニカマきゅうりサラダ ・なめこと豆腐の味噌汁 ・味噌マヨネーズ添えエシャレット ・ヘルシー豆腐焼売 ・里芋を蒸したもの * * * #TOKYO#cooking#organic#vegetable#kitchen#道の駅#無農薬#野菜#オーガニック#有機野菜#無添加#調味料#出汁#茅乃屋#夜ごはん#手料理#料理#献立#健康#夏#夕飯

A post shared by 佐藤エリ❤️えりりん❤️ (@eririn.chan) on

sponsored link


おばあちゃんから教わった料理の腕には自信があり、盛り付けはTBS『プレバト』で専門家から「芸術家レベル」と評価されるほどの出来栄え。

家族ごはん🍙☺️ * * 十勝豚丼だよ🍴 * * 夏らしくトウモロコシや枝豆を添えてみました🌽✨ * * 家族はガッツリした物が好きだけど、私はさっぱりした物が好きだから、サイドメニューばかり食べています(笑) * * お献立は… ・無添加信州キムチのせ十勝豚丼 ・九条葱の出し巻き卵 ・夏野菜たっぷりけんちん汁 ・蓮根いりきんぴらごぼう ・枝豆豆腐の青じそのせ ・お刺身 ・枝豆 ・とうもろこし * * #TOKYO#cooking#kitchen#dinner#organic#vegetable#sasimi#手作り#ごはん#手料理#料理#夜ごはん#献立#無添加#オーガニック#調味料#茅乃屋#だし#無農薬#有機野菜#健康#インナー#ビューティー

A post shared by 佐藤エリ❤️えりりん❤️ (@eririn.chan) on


めっちゃおいしそう、というか絶対うまいでしょ。

仕事が忙しいはずなのに、家族の為にごはんを作っている所とか好感度上がりまくりですね。

エリさんのインスタには時々夕食メニューが載っていますが、めっちゃ品数多いし豪華。

そして今ではかつて田んぼでイナゴ捕りをしたおばあちゃんと相撲や歌舞伎鑑賞を楽しんだり、愛犬(ポメラニアン)と東京の街を散歩したりとモデルっぽい生活。

ちなみにiPhoneケースはFENDI。

完全に脱・貧乏です。

昔は太っていた!?

さらに意外な一面が、「昔は太っていた」というもの。

10代後半の頃、すでにモデルとして活動していたものの体重の増加に悩まされ、ピーク時は体重60㎏近くあったそうです。

BMⅠでみると、身長168㎝の女性の標準体重は62.1㎏。

ピーク時でも標準体重以下じゃん。と思うなかれ。

BMⅠの標準体重とはつまり健康体重。

自分の体型と身長体重でBMⅠを見ればわかりやすいと思いますが、BMⅠの標準体重だと一般的に見て「ちょっとぽっちゃり」体型なんです。

この身長で平均よりやせ型の理想体重といわれる美容体重は56.8㎏

モデルや芸能人などが目指すシンデレラ体重は50.8㎏だそうです。

モデルという職業をすでに始めていたエリさんにとって60㎏はもはやおデブレベルだったのでしょう。

太っている頃は他人と目を合わせることも怖くなり、引きこもりがちで毎日気分が沈んでいたといいます。

それでも周囲の「体型が戻るまで頑張ろう」という言葉に励まされ一念発起。

なんと-15㎏のダイエットに成功し、現在もその体重をキープしているとか。

単純計算でも現在45㎏ほどってことでしょうかね?

でも最初は断食や激しい運動など無理なダイエットで激やせとリバウンドを繰り返し、現在の体型をキープするまで約2年かかったそう。

結局無理なダイエットをすると抜け毛が増えたり髪はパサパサ、肌も爪もボロボロで全然美しくならないんだそうです。

エリさんのダイエット法は

・すぐに結果を求めない。

・ゆっくり痩せること。

・体にいいものを食べる。

・デトックスを意識する。

という痩せ体質を作るというもの。

スリムになった今も、砂糖を控えて健康的な食事を心がけ、ジム通いも定期的に行うことでスタイルをキープしているそう。

やっぱ基本は体質改善なんですね。

でも、それが難しいんですよね。

まとめ

佐藤エリさんは努力で現在の生活を築いた方でした。

『non-no』って10代後半~20代前半女性向けのファッション誌だと思っていたので、24歳で専属モデルデビューとは遅咲きだなと思ったのですが、そのチャンスを掴み取ってこれまでの経験を活かし、ササっと活動の幅を広げている所がすごい。

『non-no』モデル出身は今勢いがある方ばかりなので、これからの佐藤エリさんの活躍も楽しみです。

sponsored link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA