三上真奈アナの交際相手の小川泰弘さん

sponsored link

小川泰弘さんのプロフィール

1990年5月16日生まれ。愛知県渥美郡赤羽根町(現:田原市)出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。東京ヤクルトスワローズ所属。通称は「ライアン小川」。血液型はA型。

プロ入り前
5人兄弟の末っ子として生まれた。小3から野球を始め、赤羽根中学校時代は軟式野球部に所属しエースとしてチームを県大会出場に導いた。
成章高校に進学後、2年冬には愛知県選抜として中川大志や福谷浩司と共に日米親善試合に出場した。3年春には21世紀枠でセンバツに出場、1回戦で駒大岩見沢を下し、創部103年目で甲子園での初勝利を飾った。

創価大学に進学し、1年秋から東京新大学リーグ戦に出場、明治神宮野球大会の関東代表決定戦では右肘を痛めたエースの大塚豊の代役として先発し、菅野智之を擁する東海大学相手に投げ勝った[5]。2年次の春からは主戦投手となる。3年次の夏にノーラン・ライアンの『ピッチャーズ・バイブル』に出会い、後述するようなメジャーリーガーばりの豪快なフォームへと変更した[5]。3年秋にはリーグ新記録となる防御率0.12を記録。4年春の東京学芸大学戦ではリーグ史上8人目となるノーヒットノーランを達成した[6]。フォームを変更した3年秋以降はリーグ戦で無傷の21連勝を達成した[7]。リーグ通算成績は36勝3敗、防御率0.60。リーグMVPを5回受賞。
2012年のドラフト会議で東京ヤクルトスワローズから2位指名を受け、11月28日に契約金7000万円、年俸1200万円で仮契約した[8]。背番号は「29」。

2013年
オープン戦で結果を残し、開幕5戦目の4月3日の広島東洋カープ戦(マツダスタジアム)でプロ初登板・初先発。7回途中を2失点(自責点0)と好投し、同年の新人投手の中では最初にプロ初勝利を挙げる。ヤクルトの新人で初登板初勝利を記録したのは2011年の七條祐樹以来、13人目。

sponsored link

リーグ最多勝となる16勝目をあげ、勝率・完封もリーグ最多数を記録した。これらの実績が評価され、2013年度のセ・リーグ新人王に選出された

ライアン小川の愛称の由来

上背こそないが、ノーラン・ライアンを参考にした左足を大きく上げるダイナミックな投球フォームから「和製ライアン」とも呼ばれる。オーバースローから平均球速約141km/h、最速151km/hのフォーシーム、130km/h台後半のカットボール、120km/h台後半のスライダー、130km/h前後のフォーク、120km/h台中盤のチェンジアップなどを投げる。稀にカーブやツーシームを混ぜる。

三上真奈アナ(三上アナ)のプロフィール

東京都中央区出身。身長157㎝[1]。父親の仕事の関係で2歳から12歳までを中華民国(台湾)・中華人民共和国(上海市)、香港で過ごした帰国子女。
日本へ帰国後は国際基督教大学高等学校に入学。高校時代に交換留学生としてアメリカ合衆国・ネブラスカ州で過ごす。
2009年、第28代(東京都)「中央区観光大使」に選出。同時期に三桂に所属しフリーアナウンサーとして活動する。
早稲田大学商学部卒業後、2013年フジテレビに入社。同期入社は内田嶺衣奈、木村拓也。
バレエが得意で、第29回香港国際バレエ・コンクール銅賞の実績を持つ。
趣味は、散歩・映画鑑賞・アニメ鑑賞・夏フェス。所持資格は、英語検定2級・漢字検定2級・日本語検定3級。
2015年、ポータルサービス「TVer」(ティーバー)のCMキャラクター(フジテレビ代表)として出演。

sponsored link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA