高安5連勝で大関へM5 ファン投票懸賞も狙う?

sponsored link

大関とりに挑む関脇高安(27=田子ノ浦)が序盤を5連勝で乗り切った。
前日に兄弟子の横綱稀勢の里を倒した西前頭筆頭の遠藤との一番。立ち合いのかち上げではじくことはできなかったが、左を深く差すと、右手でしぼりながら力強く寄る。「圧力をかけたので、その分、自分に流れがあった。手順良く、しっかり前に出られた」。対戦成績で5勝6敗とリードを許していた相手に完勝。ファン投票で決まる懸賞の森永賞もついた注目の一番で「僕だったんですか? ありがたい」と喜んだ。

 いずれも三役だった初場所で11勝、春場所では12勝を挙げた。この日の5勝目で、大関昇進の目安となる直近3場所33勝まで、あと5勝に迫った。

sponsored link

 見えてきた大関の座。そして優勝争いでも、勝ちっ放しは白鵬、日馬富士の両横綱と、3人だけしかいない。「一番一番、自分の持てる力をしっかり出して、前向きな相撲を取りたい」と語る姿は、堂々としていた。
提供元 : 日刊スポーツ 5/18(木) 21:23配信

序盤の5連勝はいい滑り出しですね。
大関昇進は3場所33勝ちが目安なんですね。

初めて知りました。

リアルタイムで相撲を見られる時間はいつにやってくるのでしょうか?
なんだかいいですよね、夕方から相撲を見てゆっくり過ごすという生活も。

ただ、
ボケ老人にはなりたくないですけどね 。
まだまだ先の話になりそうです。

sponsored link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA