こじはる、最年長29歳でAKB卒業 昭和生まれがいなくなる

sponsored link

AKB48の1期生・小嶋陽菜が29歳の誕生日を迎えた19日、東京・秋葉原の劇場で卒業公演を行い、2005年12月8日から11年4ヶ月、4151日在籍したAKB48の活動に幕を下ろした。29歳での卒業は、篠田麻里子(31)の27歳4ヶ月、48グループ全体ではSKE48佐藤実絵子(30)の28歳8ヶ月を抜いて最年長記録。現役唯一の昭和(63年)生まれだった小嶋の卒業に伴い、国内外450人以上を擁するAKBグループは昭和生まれのメンバーが皆無となった。

オリコン 4/19(水) 20:08配信

sponsored link

昨年6月、『AKB48選抜総選挙』のスピーチで「私、小嶋陽菜は、AKB48をやっと卒業しまーす!」と宣言してから10ヶ月。
ついに、“聖地”で最後の公演を迎えた。「泣かせようと思っています。自分で聴いていても泣けるセットリストにしました」と宣言していた演目の1曲目は、自身がセンターを務めた最新シングル「シュートサイン」。1人で歌い始めたが、続々とメンバーが合流し、両サイドまでびっしり89人がステージに上がり、大迫力で披露した。

ついに、こじはるも卒業ですね。
これでAKB48の人気がどうなっていくのでしょうか。
卒業したメンバーはいろいろな方面で活躍していますが、
こじはるは、すでにテレビだけでなくファッション誌にもでているので
仕事に困ることはないでしょうね。

sponsored link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA