インフルエンザ予防接種 子供の回数と2回目の間隔、時期は?

sponsored link

毎年必ずと言っていいほど流行る
インフルエンザ。

冬の流行が多いですが、
最近は春まで続いたり、
秋口から流行りだしたりと
油断できません。
特に子供のいる家庭は気になりますよね。

念の為にインフルエンザの予防接種を
するという人も多いです。

そこで、気になるのが
予防接種の回数。

大人は1回だけど、子供は2回って聞いたことありますか?

インフルエンザの予防接種の
子供の場合の回数と
2回目を受けるまでの間隔、
予防接種を受けるのに最適な時期を
紹介していきます。

インフルエンザ予防接種 子供の回数は?

インフルエンザの予防接種は、
大人は1回、13歳未満の子供は2回と
よく言われます。

でも、病院の医師の考え方によっては
大人も子供も1回ということも
あるようです。

そもそも、子供は2回と明確に
決められているわけではありません。

では、なぜ子供は2回接種が
勧められているのでしょうか?

子供には2回接種がおすすめの理由

それは、1回目の免疫効果が出始めた頃に
2回目を接種すると、
効果が増強されるブースター効果が
期待できるためです。
ブースター効果とはより効き目があるということですね。

また、インフルエンザの予防接種の効果は、
1回で50%、2回で80%だと
言われています。

なぜ1回だけだと50%しか
効果がないのに、
大人は1回で良いのかというと、
大人になるまでにインフルエンザなどの
様々な病気にすでになり、
免疫を持っているからです。

一度や二度は体調崩したことありますよね?

子供はまだその経験があまりないので、
予防接種による免疫効果を高めるためにも、
2回接種がお勧めされています。

なので、大人や13歳以上でも
受験生という場合などで、
ちょっと心配という人は、
2回摂取した方が効果が高まり、
安心です。

※3歳未満、特に1歳未満の子供は
あまり効果が出ないと言われています。

ちなみに、3歳以上の子供と大人の
1回の摂取量は、同じです。
とは言っても、予防接種をしたからといって、
100%予防できるわけではありません。

かかりにくくする効果はあるようですが、
どちらかと言うと、
かかってしまった時に、
症状が軽く済んだり、
脳症などの重症化を防ぐことが
期待されています。

また、予防接種は子供だけではなく、
家族全員が受けるほうが良いです。

まずは、家の中に持ち込まない
ということが大切です。

インフルエンザ予防接種 子供に2回目をする間隔は?

1回目の接種から
2回目の接種までの
望ましい間隔は、
1週間~4週間です。

sponsored link

ただ、免疫効果が出始めるのに
2週間かかると言われています。
しっかりした効果を期待するなら、
出来れば4週間はあけたいところです。

でも、子供が小さいうちは、
他にも色々な予防接種があって、
スケジュールをたてるのが
大変です。

とりあえずは、一番しなければいけない
予防接種を軸に、
インフルエンザの予防接種が
始まる時期を考慮しましょう。

予防接種は1週間あけば
次を打つことができます。

でも、そうは言っても、
突然熱を出すこともあれば、
体調が悪くなって、
考えていたスケジュール通りには
いかないことも、しばしばありますよね。

また、続けざまに予防接種をするのは、
小さい子供には負担なんじゃないかと
心配にもなるかもしれません。

迷ったり、予防接種の予定が
遅れてしまった時などは、
かかりつけの小児科や内科で、
今するべき予防接種は何なのかと
聞いてみるのが一番です。

うちの子供も色々あって、
なかなか予定通りにはいきませんでしたが、
多少遅れたり、間があいても大丈夫と言われ、
無事、予防接種をすることができました。

まずは、お医者さんに
相談してみてくださいね。

インフルエンザ予防接種 子供にする時期は?

インフルエンザの予防接種は、
だいたい10月下旬~11月初旬に
始まります。

インフルエンザの流行時期は、
その年によって違いますが、
例年、12月にはインフルエンザによる
学級閉鎖などのニュースを耳にします。

免疫効果が出始めるのが2週間から。
念のため、11月下旬には間に合わせたい
と思ったら、11月中旬までには
しておきたいところです。

そして、約4週間後に2回目を接種するとして、
12月中旬です。
年末から正月にかけては、
病院も休みになるところが多いので、
それまでには済ませておかなければ
いけません。

予防接種の効果は、
個人差がありますが、
3ヶ月~6ヶ月と言われています。

この予定でいけば、
短い人は3月中旬くらいまで、
長い人なら5月くらいまでは、
効果が期待できるということに
なります。

最近は、流行時期もまちまちで、
まるっきりこの通りにとは
いかないかもしれませんが、
あくまでも1例として、
参考にしてみてくださいね。

おわりに

予防接種に対して
不安があるという人も
結構います。

副作用など気になることは
しっかりと確認して、
納得した上でするように
してくださいね。

また、インフルエンザ予防には、
マスク・手洗い・うがいと
言われていますが、
もちろん100%ではありません。

これらをしっかりした上で、
予防接種など、できるだけの対策を
することが重要です。

sponsored link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA