Macユーザーが最初に覚えておくべきキーボードショートカット一覧

sponsored link

まず最初にやることはなんでしょうか?
Windowsからmacに変更した場合、まずつまづくのはこのショートカットですね。

なぜなら、私がそうでした。

なので、ショートカットキーをとにかく覚えましょう。
自分の使用用途に合わせて1つでも多く。作業効率が全く違います。

最初からいきなりすべて覚えられないので、体で覚えるようにしましょう。
そうすれば、徐々に作業効率がアップしていきます。

WindowsのコントロールキーはMacでいうとCommandキー

とても重要です。
この基本さえまずは抑えていれば、
WindowsユーザでもすぐにMacになれることができます。

Finderやアプリケーション内でのショートカット

まずは、これだけすぐに覚えちゃいましょう。

コピーする

command + C。基本中の基本。

切り取る

command + X。基本中の基本。

貼り付ける

command + V。基本中の基本。

全てを選択する

command + A。基本中の基本。

sponsored link

表示内容を更新する

command + R。ブラウザではリロード(再読み込み)、iTunesのAppではアップデートの確認ができます。リフレッシュを覚えればオッケーですね。

保存する

command + S。基本中の基本です。上書き保存になります。shift も合わせて押すと別名で保存になります。Saveの頭文字

印刷する

command + P。基本中の基本ですね。

ファイルをゴミ箱に移動

command + delete。かなり多用します。

command + Q

アプリケーションを終了する

command + Q。MacはWindowsと違って、左上の赤い✕ボタンでアプリは実際に消えずにバックグラウンドでずっと常駐しているものもあるのでバッテリー節約のためにも覚えておきましょう。

command + W

ウィンドウを閉じる

command + W。タブブラウザではタブを閉じるのもこのショートカットです。

command + M

ウィンドウをDockにいれる

command + M。Dockにウィンドウをしまう機会は少なくなりましたが覚えると便利です。

sponsored link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA