電力自由化のメリット。デメリットをまとめました。

sponsored link

電力自由化ってなに?メリット・デメリットをわかりやすく紹介します

2016年4月に電力自由化が始まりました。自由化といっても、何が自由になったのでしょうか。
それは、これまで一般家庭への電力供給は、
東京電力や関西電力など各地域の電力会社が独占的に行ってきましたが、
2016年4月より個人が電力会社を選べる時代になったのです。

電力自由化のメリットはどんなのもの?

家庭で受けられる一番わかりやすいメリットは、料金が安くなることです。
単純に支払う電力料金が安くなる場合もありますし、セット割りなどでトータルで家計に優しいプランになっている会社もあります。例えば、携帯電話と一緒に電気を、インターネットと一緒に電気を、ガスと一緒に電気、といったようなセットで割引になる会社もあります。消費者にとって最適な電力会社を選ぶことができるようになったということですね。家庭の電気の使い方によって、日中仕事でいないので夜の電気利用が多くなる場合、夜の電気代が安くなるプランなども利用できます。
太陽光などの再生可能エネルギーを多く含まれている電気を使いたいなどの電気代以外での要望も受けられるようになります。

また、他にもメリットはあって、自由化になるとさまざまな競争が始まるため、サービスの向上や価格の競争が始まり、一般家庭にとっては好ましい状況になるのではないでしょうか。

sponsored link

電力自由化のデメリットはあるの?

でも、電力会社を変更して何かトラブルに巻き込まれることはあるのでしょうか。例えば、電気が使えなくなることがあったら大変ですよね。この点に関しては、電力会社を変更したからといって電気が急に使えなくなることはありません。送配電事業者といって、電気を契約する会社と電気を家庭に送る会社を分けるような仕組みになるからです(専門的には、送配電分離と呼ばれています。)
デメリットは、例えば契約期間が満期にならずに電力会社を変更した場合に解約金のようなものが設定されている会社もあるようです。携帯電話と同じですね。契約期間の途中で解約すると違約金を支払う仕組みになっていますよね、それと同じです。
また、海外では自由化がはじまって電気料金が高くなるケースもありましたので、メリットばかりではありません。

電力自由化で期待するものは何?

消費者にとっていい環境を整備することで、電気をより賢く使って環境にも優しくなればいいですよね。
もともとひとつの電力会社しか選べなかったのが、選択肢が広がることは消費者にとってもいい流れといえます。
また、省エネ家電の普及や再生可能エネルギーの発電が増えると、地球にも優しい電気の使い方ができますので、今後の動きには期待したいところです。
今後の海外の流れを見てみると、デマンドレスポンスと呼ばれる電気を一定期間利用量を減らすことでインセンティブが発生する仕組みも検討されているようです。
電気を使わないだけで、メリットが受けられるとは驚きですね。
デマンドレスポンスをうまく利用できれば夏場の需要期などで全体の電力量を抑制することで、日本全体として省エネすることができるかもしれませんね。

sponsored link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA