子供の片頭痛対策4つ なぜ、朝ごはんを抜くことが頭痛の原因?

sponsored link

「うちの子、頭痛がするっていうけど、どんな対策をしたらいいんだろう?」

「風邪とかじゃない頭痛って、どんなことに気をつけたらいいの?」

など、頭痛持ちの子どもを持つ親は色々と気になると思います。

今回は、子供の片頭痛対策についてまとめてみました。

朝ごはんはかかさず食べる

低血圧の子供は朝に起きることが苦手です。

そうなると、すぐに学校に行く時間がきてしまい、朝食の時間をとることができずついつい食事を抜かしがちになります。

朝ごはんを食べないとどうなるのでしょうか?

それは、血糖値が安定せずに低血糖状態になり、頭痛が起きやすくなります。

また、朝礼の時間などに立ちくらみがして倒れてしまう事もいます。

その場合、同時に片頭痛が起こることがあります。

したがって、朝ごはんをしっかりと食べることが大切です。

血糖値を安定して保つことができ、頭痛が起きるリスクを減らすことができます。

マグネシウムやビタミンB2を含む食品には、片頭痛の症状を緩和する効果があります。

納豆や海藻類、牛乳、ヨーグルトなどの食品を毎日摂ることがおすすめです。

激しい運動を避ける

運動するのは筋肉の発達に必要ですが、なぜいけないのでしょうか?

その理由は、体を動かすと血流が良くなるため一時的に血管が拡張します。

そのことによって頭痛が起こりやすくなります。

sponsored link


だから、体育の時間の前に軽い頭痛がして、頑張って運動してみたものの、その後頭痛が強くなってしまったなどの経験がある場合は、無理せずに休んでいた方が良いです。

片頭痛が起こりやすくなる食品を知る

片頭痛が起こりやすくなる食品としては、チョコレート、チーズ、ソーセージなどがあります。

チョコレートは美味しいのでついつい食べ過ぎてしまう子供が多いです。全く食べないというのはとても無理だと思うので、いつもの生活の中で適量にするように心がけましょう。

頭痛になる刺激を避ける

まぶしい光や大きな音、人ごみなどはストレスとなって頭痛を誘発する場合があります。

例えば暗い部屋の中で、明るいテレビの画面を長時間凝視していたり、スマホやゲームに熱中していたりすることも少なくありません。

全て禁止というのは無理なので、室内が暗いなと思ったら明かりをつけてあげたり、あまりに長時間ゲームをしているようならば、休憩時間を少し取りように促すことが大切です。

初潮の後から頭痛が出てくる

片頭痛と女性ホルモンにはとても深い関係があることは知られています。

女の子の体の中で、ホルモンバランスが変動することによって頭痛が起こりやすくなります。

さらに、成長期であり骨や筋肉が肥大することによる痛みを感じることがあります。

痛みの信号が多い状態になっているので、さらに痛みを感じやすいといえます。

sponsored link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA