紅葉ヘブンスそのはら!見頃の時期と観光スポット2017

sponsored link

朝晩、平地の気温が低下してくると、ヘブンスそのはらの紅葉の見頃になります。

ヘブンスそのはらは、長野県の阿智村に位置する山で、冬はスキーが人気の場所で夏は避暑地としても楽しまれています。

スキーよりもスノボ派なのですが、たまにはスキーもいいですよね。
夏や秋に何度も通うくらい綺麗なので一度は行ってみたほうがいいですよ。

近年は、ナイトツアーが大人気でテレビや雑誌などでも紹介されて、シーズンの予約も盛況で、私も一度、参加したいと思っています。

また近くに釣り堀(釣り)をした魚を、いろり焼で楽しめる青木屋もあるので、合わせて紹介します。

標高1400mの所まで、全長2500mのロープウエイで、約7分かけてのぼっていくので、紅葉は徐々に山頂に向かって進むので、見頃の時期は比較的長いです。

見頃 

10月中旬~11月初旬の第一週の頃まではピークの紅葉が楽しめます。それに沿った営業期間を、『ヘブンスそのはら』さんも立てられています。

11月の第二週までは、まだまだ紅葉が見られます。
11月23日(水)までは、気温によっては山頂から下の紅葉が見られるので、ぜひ足を運んでください。

ヘブンスそのはらの秋の営業10月 1日(土) ~11月23日(水) 予定

ヘブンスそのはらの行き方・アクセス

電車やバスではかなり不便で、乗り継ぎになるので自家用車が圧倒的に便利。

車でアクセスする場合
住所: 長野県下伊那郡阿智村智里3731-4 (ナビ設定)
よみ:阿智村(あちむら)智里(ちさと)

※注 車は山の麓(ふもと)のロープウエイ乗り場までしか行けません。)
ナビで行かれる場合はご注意ください。

TEL: 0265-44-2311

名古屋方面からは、中央道園原ICで降ります。
諏訪湖や長野方面からは、中央道園原ICがありませんので、その手前の飯田山本ICで降ります。ご注意ください。

ICを降りて3~5分くらいで到着します。

中央高速バスで 園原バス停で降りて無料送迎バスを利用して行けなくはないのですが、
時間が限られるのでおすすめしません。

駐車場は無料で混雑時でも、駐車スペースは十分にありますのでご安心ください。

食事とおみやげ

山頂で食事も出来ますが、完全予約制で1日わずか4組限定のバーベキューもあります。

ゆったりと山頂で過ごしたい方は、山の上のレストランで食事をして散策されると良いですよ。

sponsored link

お土産ものは、麓(ふもと)のロープウエイ乗り場に併設されています。

ヘブンスそのはらの人気ツアー

紅葉だけではなく、夜の星空を眺めるナイトツアーや、早朝の雲海を見るツアーも人気です。

ロープウエイの点検整備でお休みの場合があります。
星空観賞時間は20:00~21:00

早朝5:30~7:00の山頂から見る景色は、晴れた日や曇った日で、『ヘブンスそのはら』の風景が変わります。それぞれの良さがあるので、失敗の少ない観光地です。

特に山登りができない方は、ロープウエイで山頂にさっと登り眺める雲海は、絶景で感動します。ぜひご自身の目で見て欲しいので、行く前にあまり情報(写真)を集め過ぎないようにしましょう。

服装と気温

夏は27度以下で涼しくて気持が良いですが、山頂付近は、平地よりも5~7度は低くなるので、秋とはいえかなり寒いです。防寒対策はしっかりとしましょう。
山頂付近は5度以下が多い。

上着だけでは、下半身が風が通り寒いです。風を通さない服(上下)にも気を配ってください。

ホッカイロなども準備しましょう。冷え症の方は足先が冷たくなるので、少し厚手の靴下を持っていって、現地で履き替えるのがおすすめ。

靴の下に敷くタイプのホッカイロ くつ下用を持って行くと温かいですよ。

青木屋 釣り堀(釣り)

営業時間:9:00~15:00(オーダーストップ)
火曜日がお休み
営業期間:3月初旬から12月23日まで

『ヘブンスそのはら』がメインか『青木屋 阿智村』が目的なのか、というくらい好きな所です。

自分で釣った『にじます』『あまご』『いわな』を、その場で食べられます。お子さん連れや女性同士の旅行で、釣りをワイワイしながら想いで作りになります。

エサは練り餌(粘土みたいなエサ)なので、始めての人でも釣りやすいですよ。
釣った魚を持ち帰ることもできますが、その場で焼いて食べることもできます。

青木屋のいろり焼きコースは4つありますが、始めての方は『しらかばコース』のお値打ちプランで良いかな~と。

お子さんには、おにぎりを追加で注文して分け合えばちょうど良い感じの量になります。

がっつり食べたい方や、滅多に来られない方には、最上位プランの『しゃくなげコース』がおすすめ。
夕飯くらいのボリュームがあります。お値段もちょっと贅沢な値段ですが大満足でしょう。

sponsored link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA