家庭用真空パック器のオススメ機種をまとめてチェック

sponsored link

テレビショッピングで家庭用真空パック【ピタント】を紹介されていました。榊原郁恵さんも、欲しそうでした。

私が欲しいと思ったきっかけは、食べかけのポテトチップスやポップコーンは、すぐに湿気ってしまい、何とかしたいと思ったこと。

乾燥方法はネット上にはあり、たとえばオーブンにクッキングシートやアルミホイルを敷いて、3分180℃で加熱してから150Wで10分くらい加熱、その後30分くらい放置する方法などがあります。

でもこんな方法、面倒で手間がかかります。

そこでめんどくさがり屋の私は、食べかけのお菓子や乾燥した野菜、野菜パウダーなどを真空パックで保存するアイデアを思いつきました。(・・・というより食品乾燥機を調べていて、たまたま見つけただけなのですが。。。)

検討リスト

サイズは方手で持てるサイズからラミネーターくらいのコンパクトサイズ、大きいものはFAX機くらいのサイズまであります。

そこで今回はひんぱんに活用する前提で、(強度に不安がありそうな)コンパクトタイプは今回は除外。そこで売れ筋・人気商品の8機種中から、筆者が欲しいと思った3機種について購入リストに設定。詳しくみていくことにしましょう。

検討機種

家庭用真空パックマシーン DUCKY(ダッキー)
家庭用 真空パック器 真空パックん plus プラス 新基本セット
フードセーバー V2244 家庭用 真空パック器
ピタント(テレビショッピングで紹介)準備中
次に価格や包装する袋のコストなどについて表に簡単にまとめました。

ランニングコスト

機種名 参考価格 袋コスト


DUCKY(ダッキー) ¥23,800 専用袋なし
真空パックん plus ¥12,800 53円
37円
フードセーバー V2244 ¥10,800 88円
68円
ピタント ¥14,800 2本ロールで、
91円

袋コストは、真空パック大と小を1回あたり30cm使用した場合のコスト(概算)

真空パックん plus専用ロール大28cm×5m2本1697円 小20cm×6m2本1491円
専用カット品 35cm×28cm(44円) 28cm×20cm(33円)カット品は意外とお徳
耐熱/耐冷温度 100℃/-40℃(湯煎・冷凍・注意事項あり)

フードセーバー V2244専用 28cmロール 5.4m 2本 amazonで2本3,189円
             20cmロール 6.7m 2本 amazonで2本2,981円
耐熱/耐冷温度 100℃/-40℃(湯煎・冷凍・注意事項あり)

こちらの方法を使えば、かなりコストを下げられます。

コスト考察

DUCKY(ダッキー)は専用の袋が用意されていないので、真空袋 ナイロンポリの安いタイプを使用できます。本体が他の2機種と比べると高い。

真空パックん plusはフードセーバー V2244の袋より安い。たくさん使うほどこの差は大きくなります。ここまでのところ真空パックん plusが有利。

機能一覧

機種名 液体 粉もの マリネ
×未機能 カッター
×未搭載
DUCKY(ダッキー) ○ × × ×
真空パックん plus ▲ ▲ ○ ○
フードセーバー V2244 × ○ ○ ×
性能面では真空パックん plusとフードセーバー V2244は互角。ただしカッター未搭載のフードセーバーは、使う度に面倒だと感じそう。またおでんや漬け物など液体ものが扱えないのが痛い。

粉ものは真空にせず包装パックにするだけなら真空パックん plusもOK。袋を二重にする方法もあります。スナック菓子や乾燥させた野菜など、真空パックの用途だけだったら、フードセーバーで十分。

液体:キャニスター使用。漬け物の汁程度。液体自体はパックできません。みそ汁などは不可
キャニスターは水が直接、本体に入らない様にする専用の付属容器の名称。

マリネ:容器に入れて空気を抜きしばらく放置、その後また空気を減らすという行程を自動で行ってくれます。このマリネ機能は、調味料を素材に浸透圧で染みこみやすくするので、調理時間を時短できる優れた機能。

詳しくみていくことにします。

家庭用真空パックマシーン DUCKY(ダッキー)

価格と性能バランスで選ぶなら

専用袋不要の真空パック器なので、たくさん使うほど有利。ただし格安の袋の選定と間違うとトラブルを起こしやすい。仕様をしっかり確認しましょう。(一般的:耐熱/耐冷温度 100℃/-40℃)袋の厚みも関係します。

sponsored link

この袋の点が気に入って購入リストに加えました。価格帯からみると、家庭用の本格的な機種といえます。期待は高かったのですが・・・

※注 粉もの・野菜パウダーは本体故障の原因になるので包装できません。(販売サイトに記載あり。)

amazonの全てのカテゴリーで検索すると、業務用と家庭用がありますが同一機種(商品詳細情報で確認済み。)ですが販売元が異なります。

真空パックん plus プラス 新基本セット

付属品 お試しロール大1本(28cm×3m)お試しロール小(20cm×3m)
本体セットだけですぐに使用できます。

かなり売れている機種。
専用ロール使用。本体内に1つセットできる。
これは毎日使うとかなり欲しい機能でありがたい♪

粉ものはおすすめできません。
汁物は専用カット袋がおすすめ。

フードセーバー V2240

海外で有名

国内よりも海外で認知度が高く、累計2000万台も売れているのがフードセーバー。

2つの類似モデルがあります。こちらで紹介するのは下位モデルのV2240
キャニスターは付いていません。ただしテレビ紹介モデルなどもあり、非常にややこしい商品ラインナップになっています。価格が安い場合は要チェック。間違って選定している可能性大。

なぜか上位モデルの型番がV2240(キャニスター付)

毎月付属品を購入する代わりに本体が安いタイプがあるので、購入時は注意してください。

粉もの可能

手作りの野菜パウダーなどを真空パックする場合は、ロールを長めに切って使用してください。そうしないと本体に粉を吸引して故障の原因になります。あまり20umという細かい粉は避けた方が無難。

コールマンジャパン 真空パック器Coleman フードセーバー V2244W-040を楽天市場で詳細を見る。

参考価格:¥10,800
付属品:パックロール大x1 パックロール小x1 バック小x3 バッグ大x2

純正ロールが高いので真空パックん plus プラスのロールは使えないのか?材質的には使えそうな気はしますが、質問するのはさすがにできないので、自己責任でテストしてみる価値はあります。

定期便コースは本体は安いですが、消耗品を定期購入する必要があります。大量に使う場合なら断然オススメ。あまり使わないなら、本体が高くても本体のみを購入するのが良いでしょう。

イマイチ ロールはハサミで切ります。レビュー数が少ない。パックロールが高め。キレイなら再利用ができるのが救い。

ココがすごい! 専用ロールで電子レンジや湯せんで温めOK(切り込みを入れます。)。吸引コントロールで柔らかい食材もできる。マリネ機能が搭載。粉ものができる。

フードセーバー V2240というハイグレードモデルがあり、そちらは水分の多い食材にも対応しています。ただし価格は2倍程度と高くなります。

その他の機種

こちらは購入時から、調べて欲しい気持がでてこなかったので、上記のリストに加えませんでした。私が選ばなかった理由を簡単にまとめました。

パナソニック 密封パック器 BH-951P 参考価格:¥7,000円
汁物は不得意。大手さんですが、ロールはハサミ切り。得意分野ではないような。。。

真空パックんコードレス 参考価格:¥6,000円
専用の替え袋の使用でないと使えない。バッテリー式が面倒。そもそもロールが使えない。
粉ものは、袋を二重にすると可能。粉が機械に入らないのが前提。

「グルメセーバー」 TU-420 参考価格:¥6,000円~10,000円(付属品注意) 
使いづらいという方や真空性能がイマイチ。改良版に期待。

アイリスオーヤマ 真空保存フードシーラー VPF-385T 参考価格:¥7,000円
価格はこのクラスにしては低価格ですが、コストが省かれているので故障率が気になります。

CCP BONABONA 参考価格:¥6,500
レビュー評価をみると、シール成功率が低く、トラブルも多いような。次機種に期待。

朝日 真空パック器 吸太郎 ASV001【2013年改良型】 参考価格:¥38,000
レビュー評価をみると、使いづらい。真空がイマイチ。高い。ただし業務用です。次機種(家庭用)に期待。さすが業務量、真空袋ナイロンポリが使えるのでランニングコストはやすい!

sponsored link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA