名古屋 花火大会2017 みなと祭 駐車場やアクセスをチェック

sponsored link

名古屋から出かけるなら、がもっとも近い場所ですね。

名古屋の花火大会は、それほど大規模ではありませんが、コンパクトにまとめられたものだと思います。しかも7月に見られるのはポイントが高い。

この記事では、花火見物できる穴場スポットや駐車場の情報、アクセス方法などをまとめています。

愛知県の花火大会でも、メモリアル花火はここだけ!

花火と音楽をシンクロした『メロディー花火』が楽しめます!

現地でみると、相当な盛り上がりが感じられます。
当日まで待てないという方には、雰囲気がまとめられたダイジェスト版の動画が参考になると思います。

アニメの主人公の絵を、花火化したものも楽しめるので、お子さんも大喜び。

昔は庄内川の隣の、矢田川の花火大会もあったのですが、無くなってしまったので。選択肢としては、手軽に行けるところが、みなと祭花火大会だけになってしまったのは、なんとも寂しい限りです。

この企画は、打ち上げる花火にお金を出すと、その得点として、あらかじめ届けていたメッセージが紹介されるというもの。なんか凄そう。

昔は庄内川の隣の、矢田川の花火大会もあったのですが、無くなってしまったので。選択肢としては、手軽に行けるところが、みなと祭花火大会だけになってしまったのは、なんとも寂しい限りです。

この企画は、打ち上げる花火にお金を出すと、その得点として、あらかじめ届けていたメッセージが紹介されるというもの。なんか凄そう。

予算が許せば1万円以上の大きな花火にしたいです!

会場内に彼女を連れて行けば、驚く顔が見られますね♪
この企画はすぐに埋まるので、早めに申し込まれた方が良いですよ。

花火の大きさに関係なく共通

みなと祭ホームページに掲載
みなと祭花火大会プログラムに掲載
花火大会会場案内看板に掲載

その他に協賛特典が付いてきます。
TEL:052-654-7894(名古屋みなと祭協賛会事務局)

日程・場所DATA

2016年の日程と打ち上げ時間

名古屋みなと祭花火大会【開催日】予定
平成29年7月17日(月・祝日)

時間:19:30~20:20(変更の場合あり)
みんなでカウントダウンするので、めっちゃ気分が高まります♪

雨天決行

少々の雨なら決行されますが、強風などの場合は中止になります。

【開催場所】
愛知県名古屋市港区名古屋港ガーデンふ頭一帯

名古屋港ポートビル 〒455-0033 愛知県名古屋市港区港町1-9 付近を目安に

打ち上げ数:約3000発(2015年予定数)
尺玉や創作スターマイン、メロディー花火など。

人出:約35万人(2014年)
参加費用:無料
車での来場は不可

sponsored link

屋台情報

築地駅から名古屋港駅の道路に屋台が数百、建ち並んでいて、かなり賑わっています。

打ち上げ場所に近づくと屋台は無くなります>_< できれば屋台で明るいうちに早めに堪能して、早めに花火の見物の場所に移動するのが効率的。 ※注 有料席がありません。 交通規制 交通規制:15:00~22:00(会場周辺で車両通行禁止・前面駐車禁止) 公共交通機関がおすすめ。 会場周辺の道路は、歩行者専用道路の場所あり。 周辺には花火大会期間中、使用できる駐車場はありませんので、公共交通機関のみのアクセスとなります。   遠方からお越しの方へ 名古屋駅周辺の駐車場に車を止めて、会場まで公共交通機関でいくのが便利。 お近くの宿泊施設でゆっくり、疲れを癒やすのも良いですね。 交通手段別の行き方  交通機関 地下鉄名港線「名古屋港駅」または、「築地口駅」下車が便利です。 車で行きたい場合 交通規制されるのは、15時以降。つまり規制前の午前中の早い段階に、現地の近くのコインパーキング(駐車場)に止めれば、車でも行くことができます。大抵、近くの駐車場は午前中で満車になります。 ただし、交通規制が終わる22時まで車は出せませんので、十分に時間的な余裕があれば車でいくのもありだと思います。 現地で泊まるくらいの、気持のゆとりをもってお出かけ下さい♪ ガーデンふ頭2~3号岸壁付近が、打ち上げ場所から近く迫力満点! ただし、人が集中するので人混みが苦手は方は避けた方が無難。すぐに場所が埋まるので、お早めに。 ★敷物(レジャーシート)などは忘れずに。 名古屋港水族館からも見える 名古屋港水族館に立ち寄って、園内から楽しむこともできます。 花火大会当日は、特別に21時まで営業しているので水族館と両方楽しめる穴場ポイント。 東山ガーデンポートビルで、食事しながら夜景+花火も楽しめます…。おそらく特別メニューでちょっとお高いプランのみのはずですが、それでも人気ですぐに埋まるのはさすが。 屋台は楽しめなくなりますが、松永駅周辺は少し離れているので、人混みを避けることができます。 打ち上げ場所から1.5km以内なので、名古屋みなと祭花火大会は十分に堪能できると思います。少し早めに到着して、見晴らしのいいところに移動すると良いでしょう。 近くにショッピングセンターや食事をする場所があります。 注意 当日は、交通規制が変更になる場合がありますので、主催者・運営者の指示に従ってください。 天候は変わりやすい季節ですので、カッパなどを用意しましょう。傘は人が多いので危険です。 ぜひ、今年の名古屋みなと祭花火大会2017を堪能して、素敵な想いでなると良いですね。

sponsored link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください