いが栗の里の栗拾いの時期【2016】愛知・岐阜の園を紹介

sponsored link

秋といえば栗。スーパーで購入するのもいいですが、家族で出かけて実際に体験するとまた楽しいですね!

そこで愛知と岐阜県の栗拾い(栗狩り)の時期と、立ち寄り観光スポットをまとめたので、参考にしてみてください。

栗園の場所

愛知県と岐阜県の栗拾いが楽しめる場所をまとめました。

いが栗の里 岐阜県

筆者が出かけた『いが栗の里』
『いが栗の郷』と、表記されることもあります。

開園は9月10日(土)から10月2日(日)
営業時間は9時~16時まで。
料金は大人1600円(おみやげ栗付き)
子供900円(おみやげ栗付き)
道具は全て用意されますので、手ぶらでOK。

足元は入り口付近は平地で、小さいお子さんも比較的歩きやすい。

こちらは拾う道具類やかごは無料で貸してくれるので、特に持ち物は必要ありません。

中津川観光栗園 いが栗の里 http://n-kanko.jp/kuri_sato/index.html

岐阜県中津川市苗木48−42 ナビ設定では途中までしかいけません。

電話番号 0573-62-2277
営業時間 09時00分 ~16時00分
定休日 開園期間は9月上旬から10月上旬まで。

国道257号線から中に600mほど山の中に入ったところにあります。

公式地図 http://n-kanko.jp/kuri_sato/map.html

sponsored link

参加した感想と裏話

土日は多くの人で賑わいます。

栗の木は自然に左右されるため、木から落ちて来ないと栗が減ってしまいます。そこでシーズンの中頃からは、地元産や国産の栗が補充されます。

できるだけ気づかれないように補充はしてくれますが、人が多いので完全に分からないようにはできないですが、そのときは知らない振りをしてくださいね(笑)

そんな中、このような栗が上から落ちて来ると嬉しいです。できれば開園したら、すぐに参加した方がよりリアルな栗拾いが楽しめます。

朝イチと風が強い日は狙い目。

風が強いときは、「ボトーン」と地面に落ちる音がします。その音を合図に、すぐに探したらきれいな栗を発見できると「あ!あった!」と感動します。

いままさに落ちてきたので、綺麗なつやつやの栗です。

ただし注意しないといけないのは、上から落ちてくるので頭の上に落ちると怪我をするので、帽子は念の為、被って参加した方が安全です。

私が参加したときは、私の立っているすぐ横に落ちてきたので「危ない!」。さすがに焦りました。

もっとも叫んだときには、すでに足元に転がっているので、手遅れです^^;

あ、だからサンダルなどではなく靴を履いてきてくださいね。

sponsored link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください