季節の変わり目で体がかゆいのはなぜ?こういう時に気をつけなければならないこととは

sponsored link

季節の変わり目というのは誰でも体調を崩しやすくなりますよね。

風邪なども引きやすくなる季節ですが、同時に体がかゆいと訴える人も多いんです。
季節の変わり目様々なところに変調が出てくるし、人によって体の弱い部分が違ってきます。
そういう弱い部分がたまたま肌だったりするとやっぱり体がかゆい、
湿疹や赤みが出てきたりするような、敏感肌に特有の症状が出てくる人も多いのです。

そういう体がかゆいという人たちにスポットを当て、その対策をお伝えしていきます。

季節の変わり目で体調を崩すことから起こるかゆみ

季節の変わり目になると体がかゆいなど、肌トラブルが多いという人の他、よく知られているケースとして風邪を引きやすい、眠いという訴えもよく聞くことです。
その原因は、気温の寒暖差がわずかな日数の中で大きく変わってくることから体が順応しきれず、どうしてもムリが来てしまうことによる。
実際私などもこの季節になると風邪を引きやすくなるし、大方の友人達とともに風邪薬の世話になることもよくあります。

だがそういう友人の中にはやっぱり肌や皮膚という体の表面に影響の出る女性も少なくないんです。

酷い人になると、別にアトピーでもないはずなのにこの時期に限って顔かチクチクしてくる、顔がかゆくなる友人もいたりします。
その彼女について語ってみると、血行残業の長引く仕事と言うこともあって、
どうしても夜遅くの帰宅になってしまうことから寝不足が続くことも多いからみたいです。

sponsored link

寝不足気味になると化粧ののりが悪いことは良く言われているが、
そうなるとそれでも仕事上は人並みに化粧もしなくてはならないため、
どうしてもよけい目にスキンケアをすることになる結果、肌がどうやら過保護になりがちになっていたようです。

あくまでも本人談だが、こういう風に過保護になってしまうと季節の変わり目など、
ちょっとした環境の変化にも敏感に反応してしまうようになって行くのかも知れないですね。

いずれにしても体がかゆいのは、そういうわけで環境の変化に追いつけず、その悪影響が体の表面に出てきた物と言えます。

体の表面とは言え、もちろん体の内部との関係と密接に関係しているので、
結局のところ体がかゆいとか赤みが差す、かさつくなどの症状を根本から治すためには
季節の変わり目であってもちゃんと順応していけるような体調にすること。
そういう正しい体調の管理が基本となることは間違いないでしょう。

季節の変わり目による気候変化で受けるストレスが一番の原因に

季節の変わり目になるとなぜそういう変化が出てくるのでしょうか?

体が順応できないというのが直接の原因ですが、その原因を造っているのは他ならない、
ストレスによるものが大きいといわれています。

こういう季節の変わり目になると気温の変化を中心として環境が大きく変わるため、
まずストレスから自律神経がバランスを崩していきます。
自律神経は交感神経と副交感神経とで成り立っていて、正常な人ならば両者のバランスが整って働いているものですが、
人によっては負担からこのバランスがかけていることがあるのです。

その原因はやはり睡眠不足とか不規則な生活習慣などで、
ストレスが普段から溜まりやすい日常生活を送っている人といえるでしょう。

sponsored link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください