眼精疲労で頭痛や吐き気がしたときに役立つ対処法

sponsored link

毎日仕事で何時間もパソコンの前に座りっぱなし、帰りの電車の中ではスマホをチェック…そんな何気ない日常の中にも、眼精疲労へのリスクが沢山潜んでいます。眼精疲労は頭痛をはじめとした様々な体の不調が現れる恐れもあります。しかし現代人にとって目への負担は簡単には避けられません。そこで今回は眼精疲労によっておこる頭痛やその他の不調について、原因から対処法までご紹介していきます。

眼精疲労による頭痛の対策や治し方

パソコンやスマホの使いすぎで目が疲れたり、頭が痛くなったりしたことははありませんか?それは単に目が疲れているだけではなく、目にストレスや疲労が溜まって起きている、眼精疲労のせいかもしれません。

眼精疲労は一度なってしまうと、なかなか疲れが取れず頭痛や吐き気、肩こりや神経症をも引き起こしてしまう厄介な症状です。しかし目の疲れや頭痛を予防したり軽くするための方法を知っていれば、ある程度は自分で対策をすることができます。今回はそんな眼精疲労やそれによる頭痛の原因や種類、対処法についてご紹介していきます。

眼精疲労とはどんな状態?原因は?

目に蓄積したダメージが慢性化したもの
眼精疲労と聞くと、ただ目が疲れているだけなのでは?と思いがちですよね。しかし実は目の疲れには、専門的に2種類に分類されています。単なる目の疲れのことを眼疲労といい、その眼疲労よりも重い目の疲れやそれによって起こる様々な不調のことを眼精疲労といいます。

眼精疲労は目に溜まった疲れやストレスによって、目が充血したり疲れたり霞んだり、視力の低下につながったり、さらに頭痛や吐き気、便秘などの症状が起こります。症状が悪化すると、うつ病のような症状に発展することもあります。

寝ても休んでも治らない状態

単なる疲れ目である眼疲労であれば、目が疲れたなと感じたときに少し休憩したり、十分な睡眠をとることで症状が治まります。しかし眼精疲労の場合には、きちんと寝たり休憩をとったりしても、症状が改善されません。仮に一時的に良くなったとしても、またすぐに症状が出てきてしまうのが特徴です。

眼精疲労が悪化してうつのような症状になってしまうのは、繰り返す頭痛などの体調不良によってストレスがたまり、イライラしたり不安を感じて自律神経に悪影響を及ぼしてしまうことが原因ではないかと考えられています。

目の使い過ぎや目の病気でおきる

目の病気が原因で、眼精疲労を引き起こす場合もあります。最も多い症状としては、ドライアイが挙げられます。ドライアイとは目の表面を覆っている涙が、目の使い過ぎなどによって乾燥してしまい、それによって角膜が露出してしまうことで、目の表面がダメージを受けやすくなり、疲れ目や充血、痛みをおこしてしまう病気です。

このドライアイは、眼精疲労患者の約60%が抱えている病気だそうです。また角膜炎や結膜炎になっていたり、緑内障になりかけている場合にも、眼精疲労を引き起こすことがあります。このような目の病気が原因で眼精疲労を起こしている場合には、まずはその病気を治す事が大切です。特に緑内障は失明してしまう恐れもあるため、早期の治療が必要です。

眼精疲労の症状

頭痛と吐き気

眼精疲労によって頭痛が起きてしまうのは、筋肉のコリや血行不良の他にも、蝶形骨(ちょうけいこつ)の歪みが原因であるとも考えられています。蝶形骨とは、頭蓋骨のほぼ中央に位置する文字通り蝶が羽を広げたような形をしている骨です。

ここには目に関係する血管や神経がたくさん集まって、複雑に絡みあっています。目が疲れてしまうと、この蝶形骨に集まっている血管や神経が刺激を受けたり、圧迫されて歪んでしまうため頭痛が起きてしまいます。

また眼精疲労によって吐き気を催すこともあります。吐き気の原因として最も多いとされているのがストレスです。長時間パソコンやスマホを使って目が疲れるだけではなく、仕事が忙しかったり、様々な人間関係によるものなど、日々のストレスが原因と考えられています。

疲れ目、ぼやけ、かすみ

眼精疲労によっておこる不調は頭痛や吐き気だけではなく、もちろん目にも直接影響を及ぼします。症状としては、疲れによって目がしょぼしょぼしたり、目が重たくなったり、充血したり痛みを感じたりするそうです。

sponsored link

単なる疲れだろうと思って軽く考えてしまいがちですが、症状が重くなると視力の低下などにもつながってしまうので、目の疲れを感じたら無理をしないで、目のストレスをため込まないようにしましょう。

肩こり

ヒトの目の周りには薄い筋肉が集まっています。目を使い過ぎると、周りに集まっている薄い筋肉が疲れたり、コリをためてしまいます。

その疲れやコリが首や肩まで広がっていくことで首や肩の筋肉も硬くなり、血の巡りが悪くなってしまうため肩コリを起こしてしまいます。眼精疲労が原因の頭痛や吐き気は、血管や神経の圧迫やストレスだけはでなく、肩コリによる血行不良によっても引き起こされます。

眼精疲労が原因になる頭痛の種類

緊張型頭痛

緊張型頭痛とは、肩や首はもちろん頭全体の筋肉の緊張によって起こる頭痛のことです。頭全体が締め付けられているような感じや、キリキリとした痛みがあります。

緊張型頭痛を訴える人の多くは、肩や首が非常に凝っている場合があります。日常生活への影響がない程度の軽い痛みから、全身のだるさやめまいを感じたり、症状は人によって異なります。

偏頭痛

片頭痛とは頭の血管が拡張して、周りの血管や神経が刺激されるために起こる頭痛のことです。そのためこめかみ付近にドクドクと脈を打つような感じがしたり、ズキズキしたりガンガンするといった痛みを感じます。

片頭痛になるのは男性にくらべ、女性のほうが約4倍も多いといわれています。頭痛が始まると数時間で収まるものから、3日ほど痛みが続く場合があります。吐き気を伴うこともあり日常生活に支障が起きることもあります。

眼精疲労による頭痛緩和の対処法

ツボ押しマッサージ

眼精疲労で目が疲れたな、と感じたらツボを押したりマッサージするのがおすすめです。ツボを押すと一時的ではありますが、即効性があり症状が和らぎます。

とくにオススメのツボは、眉毛の真ん中にある魚腰(ぎょよう)、目頭と鼻の付け根の間にある凹みの攅竹(さんちく)、目の真ん中下の頬骨のくぼみにある四白(しはく)、目尻の外側にある凹みにある瞳子膠(どうしりょう)の4つです。

いずれも眼精疲労やそれに伴う頭痛や視力回復、目の周りのクマを解消するなどの効果があるといわれています。また、頭痛を感じたときには、首の後ろの髪の毛の生え際をほぐすと痛みを軽減させる効果があります。力を入れすぎてマッサージすると神経を傷つけてしまう可能性があるため、自分が気持ちいいと感じる程度の、程良い力加減で行ってください。

ストレッチで首や肩をほぐす

眼精疲労によって首や肩がこっているな、と感じたらストレッチで滞った血行を良くしましょう!血流がよくなることにより、かたまった筋肉がほぐれてコリを解消できます。

まず、首をゆっくり左右に倒します。そのあとゆっくり回転させます。そして両肩を上にあげたり下げたりを繰り返します。イスに座ったままできる簡単なストレッチなので、仕事の合間などに取り入れてみてください。

蒸しタオルで目を温める

自宅で簡単にできる目のリフレッシュ方法としては、蒸しタオルを乗せて温めるというのがおすすめです。これは血管を温めることによって、緊張して固まった筋肉をほぐしたり、滞っている血流を流して血行促進を促したり、溜まっている老廃物を取り除くことができます。

とくに血流が滞るために起こる緊張型頭痛にはピッタリの方法です。蒸しタオルは濡らしたタオルを電子レンジで数秒温めるだけで簡単に作ることができるので、目が疲れたなぁ…と思ったらぜひ試してみてください。しかし目が炎症している場合などには温めないほうがいい時もあるので注意が必要です。

目の周りやこめかみを冷やす

片頭痛の場合には、目の周りやこめかみなどを冷やすと頭痛が楽になることがあります。これは冷やすことによって、血管の拡張がおさまるためです。冷やしたタオルや冷湿布、保冷剤をタオルに包んだものなどを痛いところに当てるだけでオッケーです。

片頭痛の場合には、光を見ることによって刺激を受ける場合があるので、部屋を暗くするもしくは暗い場所へ移動するのもいいでしょう。また、カフェインには血管を収縮させる効果があるため、コーヒーや紅茶などを飲むのも頭痛を和らげるのに効果的だといわれています。

sponsored link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA