赤ちゃんが咳き込む原因は?夜中にひどいときの対処法は?

sponsored link

夜中に赤ちゃんの咳がひどくなることってありませんか?
「日中よりも夜中の咳がひどくてつらそう…」と、寝ながら苦しそうに咳き込む姿を見ていると、
なんとかしてあげたいですよね。

今回は、夜中に赤ちゃんの咳がひどくなる原因や対処法、病院にいく目安についてまとめました。

赤ちゃんがよく夜中に咳き込む理由は?

咳や鼻づまりが、昼間よりも夜布団に入った後のほうがひどくなるのは、夜に活発になる副交感神経の働きが関係しています。副交感神経は自律神経の一部で緊張をほぐす役割があるのですが、その際に喉や気管支、鼻腔などの粘膜の緊張も一緒に緩むことで咳を助長してしまうのです。

昼間は緊張で抑えられていた咳や鼻水が出やすくなり、寝ているときに鼻水がたくさん出ると喉のほうへ流れてさらに咳がひどくなることも。また、気管支の緊張が緩むと痰を排出しにくくなり、喉に痰がからんで咳き込む一因になります。

副交感神経が活発になっている夜間では、日中よりも赤ちゃんが無理に鼻呼吸をしようとするため、呼吸器へ負担がかかり、咳が出やすくなってしまいます。風邪などの原因が見られない場合でも、副交感神経の影響で夜中に咳が出てしまう場合もあります。

赤ちゃんが咳き込むときに注意すべき病気は?

夜間は咳が出やすくなるものですが、それでも咳が長引くと重症化するものもあるので注意が必要です。例えば、次のような病気には咳の状況も含めて、気にかけてあげましょう。

肺炎

肺炎とはその名の通り、肺に炎症が起きた状態です。発熱、咳、呼吸困難などの症状があり、胸部レントゲンで診断されます。咳や熱が4日以上続く場合は、肺炎の可能性もあるため、熱が続くようなら早い段階で小児科を受診しましょう。

主な原因は、細菌やウイルス、マイコプラズマという微生物によるもので、基本的な治療法としては、抗菌薬の投与で治ります。それでも効果が見られないと点滴や入院が必要となります。

気管支炎

気管支に炎症が起こった状態で、症状が「発熱→乾いた咳→痰を伴う湿った咳」に変化するのが特徴です。原因はウイルス感染で、乳幼児の半数以上がRSウイルスへの感染によるものといわれています。12〜3月に流行するため、冬場の熱や咳には重症化しないように注意しましょう。

小児気管支喘息

ゼーゼー、ヒューヒューなどといった喘鳴が聞こえるときは、小児気管支喘息の疑いがあります。多くはアレルギーによるもので、原因となるアレルゲン(ダニ、カビ、ホコリなど)を取り除くことが大切です。布団にはアレルゲンが多く存在するため、喘息を引き起こしやすく、夜間によく症状が見られます。

百日咳

百日咳は、百日咳菌に感染して起きる呼吸器官の感染症です。初期症状は、咳、鼻水、くしゃみなど風邪と変わらないので気が付きにくいのですが、咳が長く続くときには小児科を受診し、抗菌薬にて対処しましょう。

副鼻腔炎

副鼻腔にウイルスが感染し、炎症が起こる病気です。鼻水が多く、鼻づまりを起こし、咳もたんが絡んだような湿った咳になります。中耳炎も併発することがあるため、耳鼻科や小児科を受診して、耳も診察してもらうようにしましょう。

クループ症候群(喉頭炎)

乳幼児がかかりやすい病気の一つに、のど(喉頭)の炎症であるクループ症候群という病気があります。ケンケンと犬が吠えるような咳が特徴です。呼吸困難になる危険な病気なので、特徴的な咳、呼吸困難、意識障害まで重症化したときには、夜間であっても病院の診察を受けるようにしましょう。

sponsored link

赤ちゃんが咳き込むときの病院へ行く目安は?

大人だったら様子を見る咳であっても、赤ちゃんや新生児だと病院に連れて行くべきなのか迷うこともありますよね。特に、夜間に咳き込んでしまったときには、時間外の救急外来へ行く必要があるか悩むことも。次のような症状が見られたら、夜間であっても遠慮せずに病院へ連絡し、受診するようにしましょう。

● ゼーゼー、ヒューヒューといった喘鳴のある発作が聞こえる
● ケンケンといった、犬の遠吠えのような異常な咳が出ている
● 呼吸のたびに肋骨の間や鎖骨が凹むような呼吸困難
● 酸素不足によって顔面が蒼白になっている
● 意識障害が出ている

比較的食欲もあるけれど咳が3日以上続いている、などあれば、上記の症状がなくても日中に小児科を一度受診することをおすすめします。

夜中に咳き込む赤ちゃんへの対処法は?

夜中に赤ちゃんの咳がひどくなったときは、いくつか対処法があります。

鼻づまりを解消する

第一に、鼻水を吸引してあげるのが肝心です。鼻づまりが解消されるだけで鼻呼吸がしやすくなる上、鼻水が喉に流れていかないので咳がやわらぎます。また、頭から背中にかけてクッションなどを敷いて上半身を少し高くしてあげるだけでも、鼻の通りがよくなって効果的ですよ。

少し起こしたくらいで変化がないようなら、お座りができる生後5~6ヶ月以降の赤ちゃんは一度起こして上げ、生後3~4ヶ月未満の赤ちゃんなら縦抱きをしてあげると、一時的に鼻の通りがよくなって寝つきもよくなりますよ。

お湯を飲ませる

お茶や湯冷ましを少し飲ませてあげると痰が切れやすくなり、喉のイガイガ感が緩和されます。1歳を超えているなら、粘膜の炎症を抑えるハチミツを湯冷ましに混ぜると効果的ですよ。

「ヴィックスヴェポラッブ」を使う

塗る風邪薬の「ヴィックスヴェポラッブ」は夜中の咳に効果を発揮します。生後6ヶ月以上であれば使用できるので、用法用量を守って使用してください。直接肌に塗るだけではなく、熱いお湯にヴィックスヴェポラッブを少し溶かしてその湯気を吸わせるだけでも鼻づまりが解消できますよ。

室内を加湿する

室内の空気が乾燥していると咳が出やすくなるので、加湿器を活用し、寝室の湿度は60~70%をキープしましょう。加湿器がない場合は、濡れタオルを寝室に干しておくだけでも効果がありますよ。

赤ちゃんが咳き込むときに市販薬を使ってもOK?

乾いた咳で夜間寝苦しそうなときには、咳止めシロップを利用して様子を見てみましょう。咳止めシロップには中毒性や依存性があるのでは、という意見もありますが、使用量や用法を守っている分には神経質になりすぎる必要はありませんよ。

ただし、咳は体に入ってしまったウイルスなどを外に吐き出すために起こっている症状なので、無理に咳を止めることで体調が悪化することもあります。使うタイミングや頻度には気をつけてください。

咳が止まらない赤ちゃんの不安を解消してあげよう

夜中に咳がひどくなって目を覚ました赤ちゃんは、不安も感じています。眠れないつらさと同時に、不安から泣いてしまっている場合もあります。そのため、咳がひどくて起きてしまったときは、体をさすったり抱きしめたりして安心させることが大切です。赤ちゃんが少しでも楽になるようにケアをしてあげてください。

sponsored link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください