京都のあじさい寺。三室戸寺の見頃はいつ?名所と開花状況2016

sponsored link

京都の花寺として有名な三室戸寺(みむろとじ)。
みむろとじ ってのは初めて聞いたときは耳を疑いました。

6月になると敷地5千坪の大庭園に50種・1万株という、多種多様な紫陽花を鑑賞できます。

杉木立の庭園を舞台に、みずみずしく咲き誇る紫陽花はまるで絵巻物。時の流れさえゆっくりに感じられます。
私のお気に入りは可憐な姿の七段花。
ひっそりと咲く姿が日本人の心にしみ込みますね。

普段、興味のない人でも京都に行けば、必ず好みにあったあじさいを見つけられるはずです。

京都の三室戸寺のあじさい。見頃と時期とライトアップ情報

三室戸寺のあじさい見頃ですが、おおよそ六月中旬から7月にかけてとなっています。例年通りであれば、6月10日頃見頃を迎えると思います。雨が多いと早く開花するので、雨が楽しみですね。

実は謎の多い三室戸寺。飛鳥時代の仏像も収められていますが、年代が不詳のため文化財に指定されていないそうです。

寺建立の経緯も伝説のような記述が多く、そのことを思いながら散策すると、歴史の謎の中に迷い込んだようでロマンチックです。

三室戸寺の住所

場所:京都府宇治市莵道滋賀谷21

あじさい園

期間:平成28年6月1日(水)~7月10日(日)

時間:8時30分~16時30分

ライトアップ

期間:平成28年6月11日~6月26日の間の土日のみ。

時間 19時~21時

※19時より前には入場できません。それより前に来場していた人は、再入場することになります。

三室戸寺の行き方、アクセス

電車…京都宇治線「三室戸」駅より徒歩15分

バス…紫陽花の季節になるとJR宇治駅・京都宇治駅より臨時直行バスが運行される予定です

タクシー…JR宇治駅から乗ると1メーター三室戸寺まで行けます。

車…京滋バイパス「宇治東」ICより県道7経由で約三分 

【駐車場】有料 乗用車500円 バス2000円

京都のあじさい寺。お勧めの名所と穴場の神社は?

三室戸寺の他にも京都はあじさいの名所がたくさんあります。
歴史ある建物が紫陽花に埋もれて佇む姿は、しっとりとしていて大人の風情です。

sponsored link

柳谷観音 楊谷寺

目が悪い私がすがりたい京都の目の観音様、柳谷観音。比較的観光客の少ない(失礼)穴場のお寺です。紫陽花は見事ですですが、紅葉も素晴らしいです。

珍しいご利益めぐりというアクティビティ(?)もあるので、楽しくありがたい一日を過ごせます。

藤森神社

平安遷都以前に建立された歴史ある神社。JR藤森駅から徒歩五分。ちょっとカバに似た馬の、お腹におみくじが入っています。可愛いです。

菖蒲の節句発祥の地だけあって、菖蒲と勝負をかけて、競馬の勝利祈願で訪れる人も多いそうです。

一言寺

8月の火渡りの行事の時以外は人通りも少なく、あじさいをのんびり楽しむことができます。一心に一つの事を願うと、その願いがかなうということで一言寺という名前になったそうです。

たくさん咲いていても、どこか寂しげな紫陽花。現在5千株の紫陽花を、これから1万株に増やす予定というあじさい寺の有望株。穴場です!

善峯寺

シュウメイギクでも有名なお寺。少し足を延ばしにくいところにあるので車で行くのがお勧めです。11時になるとツアーバスが来るようになるので、午前中到着で見て回ると閑散としていてのんびり見て回れます。

坂道が多いので斜面一面に植えられたあじさいが見事です。ただしスニーカー必須!色とりどりの紫陽花と見晴らしのいい景色に、ご褒美をもらったような気持になります。

法金剛院

JR花園駅から近いのでお散歩しながら立ち寄ることができます。厳粛な雰囲気のお寺が多い中、法金剛院は女性的でこじんまりとしたきれいなお寺です。菖蒲との共演を楽しめます。

しだれ桜や蓮も見事な京都の花寺。折々に立ち寄りたくなります。収蔵された仏像も見事です。お寺からほど近い場所にある、手打ち麺のパスタが食べられるカフェ「ぴちぴち金魚」に立ち寄るのも楽しみなんですよ~。

紫陽花の開花状況2016。楽しめる時期はいつからいつまで?

2016年の紫陽花のピークは6月中旬です!見送れないよう、出かけて下さいね!

京都はいろんなところで見事なあじさいを見ることができます。早くは五月下旬から色づく紫陽花を見ることができ、7月まで楽しめます。紫陽花の事を考えると、梅雨が長引くと良いななんて思ってしまいます。

sponsored link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA