花粉症で発熱する原因は?だるい時の対処法

sponsored link

花粉症によって、
発熱した時や、熱でだるい
といった場合の対処法だとか、
その原因などについて、

いろいろまとめました。

花粉症は単に
アレルギーでありながらも
その症状は実に様々な部分で
表れてくるので、

とても辛く、大変なのです。

そう、花粉症のあなた。
うなづいていますね。

花粉症で発熱する原因は?

花粉を単なるアレルギーと
あなどるなかれみたいな展開に
なって来ていますよね。

まあそんなこんなで

今回は熱関係の話題で
やらさせてもらう訳ですが、

花粉症で発熱する原因はいろいろなパターンがあります。

例えば、
鼻の炎症によって、
脳に酸素が届きにくくなり、
発熱するパターン
(頭痛も伴う事が多い)
花粉を菌やウイルスと
同じように認識した事により、
身体が熱を出して
追い出そうとしているパターン
風邪を引いているパターン

というものです。

主に上記3つの原因が
考えられています。。

そして、

風邪だとか、あるいはインフルエンザ
ではない場合しか、高熱になる事はありません。

よって、花粉症による発熱の場合は微熱しかでません。

また、この時期の発熱は、

しばしば風邪なのか
花粉症なのかと言う議論が
散々されますが、

発熱の場合は
高熱か微熱なのか、

そして、
鼻水や痰の粘度と色が
見分け方のポイントになり、

粘度が高くなったり、
色が付いた場合は
花粉症以外に原因があると
考えたが良さそうです。

花粉症で発熱でだるい時の対処法

上記のパターンの内、
花粉を菌やウイルスと勘違いし、
身体が闘い始めた場合、

メカニズム的には
風邪と同じ感じなので、

sponsored link

花粉症による発熱に加え
「だるい」とか「寒気」がするとか、

また人によっては
「動機」や「関節痛」などの
症状が出る場合もあります。

そしてそんな時には
どうすればいいのか?

って事ですが、

とどのつまりは
アレルギー反応なので

花粉症薬を飲むか、
花粉を吸いこまないように
対処していくしか
方法は無いと言えます。

マスクはもちろん

いわゆる
抗ヒスタミン薬を飲んで
やっていくしかありません。

最後に

まあここまでいろいろと

花粉症と発熱について
わーわーいうてきましたが、

花粉症によって、

つまり花粉への
アレルギー反応として
発熱してしまうのは
わりと稀なのだそうで、

発熱した時の多くは
風邪である可能性が高い
とも言われています。

また、逆に言えば

アレグラなどを飲んでて
鼻水や目のかゆみは
ちゃんと抑えられているのに、
熱が出た場合などは

風邪を引いた可能性がある
とも言えますよね。

しかし、

そう言ってしまうと
安易に風邪薬に手を出す人も
おられるかもしれませんが、

風邪薬と花粉症薬の飲み合わせは
危険な時もあるので

十分に注意して下さい。

詳しくはこちらの記事を
参考にして下さいませ。
→花粉症に風邪薬との同時使用で効果は?代用って出来るの?

風邪なのか花粉症なのかは

自己判断だけでは
難しい部分があります。

しかし病院へ行かずに、

自分だけで判断し
市販薬で治療する場合は

ちゃんと薬の説明書を読み、
用法容量を守って
安全に使用して下さい、

では、

最後までご覧いただき、
ありがとうございました。

sponsored link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA