花嫁のキレイを最大限に引き出すブライダルシェービングはいつやるの?

sponsored link

挙式前に花嫁さんが受けるブライダルシェービング、どのタイミングで受けるといいかご存知ですか?

結婚式は、女性が最も輝ける瞬間を与えてくれるもの。そんな大切な時だからこそ、一番キレイな肌の状態で臨みたいですよね。

今回は、花嫁さんが一番キレイな肌状態で式に臨める、ブライダルシェービングを受けるベストタイミングはいつかを紹介していきます。

花嫁のマナーになりつつあるブライダルシェービングとは

化粧ノリを良くし肌を美しく魅せてくれるブライダルシェービングは、
挙式を控えた花嫁のマナーともいわれ始めている重要な準備の一つ。

ブライダルシェービングには、以下のように大きく2つのタイプがあります。

◇本格シェービング…国家資格を持つ理容師が行う、カミソリを使ったシェービング。
◇ソフトシェービング…国家資格を持たなくても行える、電動シェーバーを使ったシェービング。

挙式前にブライダルシェービングを受ける場合、本格シェービングが主流と考えられています。
本格シェービングは肌に直接刃をあてて剃るため、
産毛だけでなく肌表面の古くなった角質も取り除いてくれます。
これにより、肌の透明感を高めるだけでなく、化粧がノリやすくなるのです。

ブライダルシェービングはいつやるのがいいの?

本格的なブライダルシェービングを受けるタイミングは、挙式の4~7日前がベストだとされています。

シェービング後の数日間は普段より皮脂分泌が多くなるといわれているからです。
なので、皮脂バランスを整えるための期間を取っておくことで
挙式当日の肌コンディションが安定しやすくなるのです。

皮脂分泌が増えるのは、シェービングによって肌を守っている産毛がなくなってしまったからです。
人間の体って素晴らしいですね。

シェービングした翌日までは一時的に皮脂分泌が増えますが、それ以降うっすらと産毛が生えはじめると皮脂分泌は落ち着き、化粧ノリがバツグンの状態になることが期待できます。

sponsored link

シェービングを受けた肌はガードするものがなくなり非常にデリケートです。
万が一肌が不安定な状態になってもしっかりと対処できるように、時間に余裕を持って臨むようにしましょう。

肌荒れが心配なら、事前カウンセリングでベストタイミングを知ろう

人によってはお肌が弱い人もいると思います。
そんなときはブライダルシェービングを受ける際、もしデリケートなお肌で悩みを持っている場合は、
事前にサロンに相談し、詳しくカウンセリングを受けておきましょう。
懇切丁寧にカウンセラーが対応してくれるでしょう。

まずはシェービング後に肌が不安定な状態になっても慌てないように、
余裕を持った施術スケジュールを組んでもらいましょう。
肌の状態によっては、電動シェーバーを使ったソフトシェービングで対応するケースもありえます。

挙式まで時間がない人のお手入れはソフトシェービングがおすすめ

事前にしっかりとスケジュールを立て万全の態勢でシェービングした方でも、体質によってはすぐに毛が生えてしまう方もいらっしゃいます。
また、挙式直前まで仕事で忙しく、思ったように本格シェービングの時間が取れない花嫁さんもいますよね。
こういった場合は、挙式前のソフトシェービングを行うのがおすすめです。

2日前あたりがオススメのタイミングです。

ソフトシェービングとは、肌に直接刃が触れることなく産毛だけを剃ってくれるものです。
本格シェービングのように角質を取り除くことはできませんが、
適度な長さに整えてくれメイクがしやすい状態が作れます。

仕事が忙しく、挙式前日ないしは前々日しか時間が取れない場合は、
ソフトシェービングによるお手入れも検討しておきましょう。

挙式まで時間があるのであればじっくりと時間をかけて、
こちらの脱毛もいいでしょうね。



sponsored link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA