赤ちゃんが喋る時期はいつ頃。何歳か年齢で違う?早い遅いの原因、パパママにできること

sponsored link

赤ちゃんがしゃべるのはいつ頃から?意味が理解できるようになるのは?

すこしずつオムツ替えや離乳食もなれてきて、そろそろ言葉をしゃべるころかな?
と思っているお母さんも多いでしょうか。

赤ちゃんは、日々成長していて昨日できなかったことが今日は出来るようになっていて毎日が成長ですよね。

もうそんなこともできたんだ!って驚くことはすくなくありませんね。

でも、一方でその成長をほかの赤ちゃんと比べてちょっと心配になったりすることもありますよね。

たとえば、赤ちゃんのおしゃべり。

同じころに生まれた赤ちゃんはもうしゃべっているのに、うちの子はまだ。

そんなことが気になったりするママはあなたと同じように少なくありません。

そこで今回は、赤ちゃんがしゃべる時期や意味が理解できるようになる時期などを紹介していきます。
あせらず、ゆっくりと読んでいってくださいね。

その前に、最近ちょっとお腹周りが気になりだしたので、こちらを試しています。

安心・安全な国産プーアール茶

赤ちゃんがしゃべるのはいつ頃から?

さて、一番気になるのは一般的には赤ちゃんはいつ頃からしゃべり始めるのかということではないでしょうか?

ここで重要なのは、赤ちゃんの成長には個人差がかなりあります。
つまり、他の赤ちゃんがしゃべったからといって同じタイミングでしゃべるということもないです。

ただ、平均的には1歳を過ぎたころから簡単な意味のある単語を話し始めるようになるでしょう。

おしゃべりを始めた赤ちゃんが初めに話すのは「わんわん」とか「マンマ」といった言葉が多いようです。

もちろん、何もしゃべれなかった赤ちゃんが突然おしゃべりを始めるわけではありません。

その前段階として、身振りや手ぶりをするようになったり、
指さしを行うようになってコミュニケーションに幅がでてきます。

また、意味のない言葉を発する難語(なんご)と呼ばれる状態を経てから意味のある言葉をしゃべるようになります。

その後、大人の言葉がだいぶわかるわかるようになってくると「バイバイ」、「おいしい」などがどんな時に使う言葉なのかも理解できるようになってきます。

さらに「どうぞ」「ちょうだい」という言葉でママとやり取りができるようになったりする赤ちゃんもいますね。

赤ちゃんがしゃべり始める時期には個人差や生活環境にも差があります。

とくに上に兄弟がいたり、おじいちゃんやおばあちゃんがいっしょに暮らしている場合には言葉を話すのが比較的早いともいわれています。
しゃべっている頻度が高いからということでしょうかね。

赤ちゃんの言葉の意味が理解できるようになるのは?

赤ちゃんは、8~9か月ごろになると大人が話す言葉の意味がなんとなく分かるようになります。

sponsored link

とくに名前を呼ぶと、自分の名前だと理解しているかはわかりませんが振り向いたりします。
いま、そのタイミングだったらぜひ試してみてください。

そして、9~10か月ごろになると大人の仕草を真似してバイバイなどができるようになる赤ちゃんも増えてきます。

また、大人の声をまねて「あー」「うー」という言葉だけでなくいろいろな声を出す様になる子もいます。

さらに10か月~11か月ごろになると、大人の話す言葉をある程度理解できるようになります。

ですから、いつも声をかけてあげるように心がけるとよいでしょう。

このころになるとママのいうことをある程度理解しているので、指さしなどでコミュニケーションを取れるようになってきます。

ベビーサインなどを取り入れてコミュニケーションを取る親子も多いでしょう。

赤ちゃんがしゃべらないのは言葉が遅いの?

では、赤ちゃんがしゃべりだす平均の時期が過ぎているのにじゃべり出さないのは言葉が遅いのでしょうか?

これは、気になってしまうパパやママも多いと思います。

でも、実はしゃべらないことはイコールしゃべれないことではありません。

あるリサーチでは、内向的な子ほど言葉を発さない傾向がある。

内向的な子は発語が少ないけれど、言われていることはきちんと理解できている。

ということです。

つまり積極的におしゃべりをする子どもと比べても、言葉の理解度は同等レベルであると言われています。

ですから、しゃべらないイコール言葉が遅いというわけではないのです。

ママやパパが言葉が早いとか言葉が遅いとかを判断することは
実際の言語発達レベルを正確に反映しているとは限らないので注意が必要です。

赤ちゃんがしゃべるためにパパママが出来ることは?

赤ちゃんがおしゃべりできるようになるためにパパやママができることはあるのでしょうか?

基本的には、おしゃべりも大人の真似から始めるので、
まだ言葉を発しない赤ちゃんにもできるだけ話しかけるようにしましょう。

また、絵本も利用できます。

言葉が出始めるころには、絵本にも興味を持ち始める時期です。

一緒に絵本を観ながら言葉を掛けながらコミュニケーションを取るように心がけましょう。

絵本は字がなくて、絵だけのものでもママがお話を作りながら読んであげる方法があります。

ぜひ、絵本を毎日の遊びに取りいれましょう。

パパは公園にでもいっしょに出かけた時に話しかけるようにしましょう。

赤ちゃんのおしゃべりについてのまとめ

いかがでしたか?

今回は赤ちゃんのおしゃべりについて、その時期などについて紹介していきました。

赤ちゃんの成長は、どうしても気になって他の子と比べてしまったりしますよね。

でも、赤ちゃんの成長は個人差があります。

性格や生活環境などさまざまなことが影響してきます。

ですから他の赤ちゃんと比べても仕方がないことなのがわかりましたね。

赤ちゃんと積極的にコミュニケーションを取るように心がけて、赤ちゃんとの時間を楽しむようにすれば、
自然と赤ちゃんも言葉を発する様になるでしょう。

sponsored link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください