結婚式の二次会で着る服装:男性編 スーツ選びとカジュアルマナー

sponsored link

結婚式の服装はなんとなく解るけれど、

二次会しか参加できない場合もある事と思います。

けれど、この二次会、どんな服装で行けばいいんだろう。
変に目立っても困るし、、、

届いた招待状には「平服でお越しください」と書いてあるけれど

この平服ってそもそもどんな服装なの?みたいに思う人もいませんか。

平時っていうのは普段って事だから、
チノパンとかでいいと思っているあなた。

ここでいう、平服とは一体何なのか。

そして二次会にオススメの服装がありますので参考にしてください。

結婚式の二次会の平服とは?普段着でもいいの?

間違っても

平時=普段、つまり、平服=普段着というわけではありません。

平服というのは、略礼装の事です。

略礼装というのは、

改まった場に出ても恥ずかしくない服装の事です。

フォーマルほどきっちりとした服装ではないものの、

普段着ではない服装ということですね。

「平服って普段の服装だから、ジーンズ着てきた」

というような感じでまちがえないようにしましょうね。

友人もあなたも、恥ずかしい想いをしてしまいます!

結婚式の二次会の服装のマナーとは?

二次会の服装マナーは平服が基本です。

でも、この平服って何?具体的にはどんな服装?

と思うじゃないですか。

結婚式などの祝いの席での平服は、

ビジネススタイルより華やな装いにするのをオススメします。

お仕事でいつも着ているスーツと比べて、

少し光沢があるスーツを着ていったり、

もしくは普段のスーツでも、

華やかな小物を使って、上品に見せることもできます。

実は、二次会の服装は、結婚式と違ってきちんとした決まりは無いんです。

なので会場の格式に合わせた服装で行くのが

良いのではないかな、と思うのですが、

仮に二次会の会場が居酒屋さんであっても、

sponsored link

お祝いの場なので、抑えるべき基本をおさえて、

スーツやジャケットの着用を心がけるようにしてください。

2次会のおすすめスーツスタイルは?

まずは、基本的な服装です。

・暗めの色合いのダークスーツ

・ホワイトのシャツ、タイ

※シャツの色はパステル調の薄いカラーの付いたものでもOK。

※タイも光沢のあるグレーのストライプが入ったものなどでもOKです。

二次会のオススメスーツスタイルは

上記の基本に則ったスタイルがオススメです。

この基本的な形に薄い色合いのシャツを合わせると

とてもお洒落な印象になるのですが、

上に羽織るスーツの色合いと合ったものでないと

少しアンバランスな感じになり、悪目立ちをしてしまうので、

スーツの色合いと合ったシャツをオススメします。

ネクタイ無しで良いのか否かと悩まれると思います。

基本的にはネクタイがある事が望ましいのですが、

会場によっては無しでOKの所も。

また、シャツで外しても良いボタンは上二つまで、

と言われてます。

スーツのボタンがシングルボタンで3つの場合は、

一番下のボタンを外すのが礼儀といわれています。

そして、何よりも重要なのが

細やかな部分の手入れをしっかりとする事です。

・靴はきちんと磨いてきれいになっていますか?

・シャツやスーツはクリーニングやアイロンなどでシワはしっかりととれていますか?

・清潔感のある髪形になっていますか?

きちんと頭からつま先まで意外と細かいところが目立ちますので
しっかりと手入れをしておきましょう。

いかがでしたか?

今日は結婚式の二次会での服装についてお伝えしました。

平服=普段着だと勘違いしていた人はいませんでしたか?

実は、この勘違いをする人って結構多いんです。

お洒落を意識するのも大切ですが、

マナーを守った服装の方が好感度が高いので、

服装を心がけてくださいね。

sponsored link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA