アパートとマンションの違い。ハイツやコーポで防音性が高い構造は?

sponsored link

年度末から年度始まりは引っ越しが多い時期ですね。
一人暮らしをはじめて始めるといろんな用語があってよくわからない!
という人もいると思います。

そこで今回は、マンションとアパートはどこが違うのかということをまとめました。

賃貸物件には、マンション、アパートさらに、コーポやハイツなど、
いろいろな呼び方がされているのですが、なんらかのルールがあるのでしょうか。

・アパートとマンション。ハイツやコーポの違いとは?
・防音性が高い構造とは?騒音や音漏れしやすいのは?
・アパートとマンションのメリット・デメリットを教えて?
・一人暮らしならどっちがおすすめ?住みやすいのは?

不動産屋さんにいく前に、しっかりと両者の違いをしっかり把握しておきましょう。

アパートとマンション。ハイツやコーポの違いとは?

早速ですが、アパートとマンション・ハイツやコーポの違いについてですが、
意外な結果になっています。

実は、これにははっきりとした規定があるわけではないのです。

不動産屋さんが、これは「マンション」、こっちは「アパート」とすれば、その呼び名になるのです。

ビックリしたでしょう???

みなさん意外だったと思います。
ですが、一応の線引きはあるようです。
一般的に、木造や軽量鉄骨造の準耐火・低層物件を「アパート」、
鉄骨鉄筋コンクリートや鉄筋コンクリート造などの耐火構造の集合住宅を「マンション」と呼んでいます。

ハイツやコーポについては、英単語の意味から推測できます。ハイツは「高台」を表しています。

そして、コーポは「共同住宅」を表しています。ですので、この条件に当てはまれば、どれでもハイツやコーポになるわけです。

防音性が高い構造とは?騒音や音漏れしやすいのは?

防音性・騒音などで気になることについてご紹介します。

アパートとマンションでの防音性の高い構造はどっちであるかといえば、一般的な定義に当てはめた場合、マンションのほうが鉄筋コンクリートなどの耐火構造で遮音性が高い構造となっております。
私が一人暮らしをしていた時のアパートは、遮音性も悪く、隣の家の声がまる聞こえとはいわないまでも、話しているなという実感覚があります。

sponsored link

あまりにも騒がしいと、となりに筒抜けなのがアパートの特徴でしょう。

アパートとマンションのメリット・デメリットは

では、アパートとマンションのメリット・デメリットについて、以下にまとめてみました。

<マンション>
 鉄筋コンクリートや鉄骨鉄筋コンクリート造の耐火構造
 高層住宅も可能
 遮音性が高い
 高級感がある
 建築費がかかる分、賃料はアパートより高い
 エレベータがあり(4階以上の場合は必ずつく)、管理人がいる場合も多いため管理費が高い

<アパート>
 木造や軽量鉄骨造の準耐火構造
 2階建てが多い
 構造上、高層住宅は不可能
 建築費が安い分、賃料は安い
 エレベータなし(2階建てが多いため)、管理人もいない場合が多く管理費が安い

どうでしょうか?

これを見る限り、コストを落としてアパートにするか、
それともコストを高めにしてもメリットの多いマンションにするかは、
どのような暮らしをしたいか?というライフスタイルに関わってくるものになりますね。

一人暮らしならどっちがおすすめ?住みやすいのは?

最後に、アパートとマンションでは一人暮らしに向いているのはどちらなのか?
ということですが、
自分が住む家の特徴が、自分の求めているものに合致しているかどうかが大切です。

例えば、楽器をするのであれば、防音性が高いマンションのほうがいいでしょう。
楽器・ペット飼育などは制限されているところが多いです。
そして、家賃を押さえたいのなら、アパートになります。

ただ、住みやすさでいうと、
木造アパートは、熱が閉じこもりにくいので冬場は寒いです。
寒さに弱い人はそれらも考えてから決めましょう。

また、ガスに関しても、プロパンが多いので、コストもかかっていまいます。
これは、都市ガスのほうがはるかに安いです。

しかし、最近はオール電化のマンションやアパートが増えてきているので、ガスを使うマンションとアパートが減ってきているのも現状です。

sponsored link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA