幼稚園と保育園の違いとは?どちらが料金が安いか比較してみました

sponsored link

お子さんのいる人にとって、自分の子どもの預かり先を幼稚園・保育園のどちらにするか本当に悩みどころだと思います。

そこで今回は、幼稚園と保育園の違いについてまとめてみました。
どちらか迷っている人は是非、参考にしてみてください。

幼稚園と保育園の違いって意外なところもあるので、是非、慎重に選んでくださいね。

幼稚園と保育園の違いとは?年齢ほか比較表一覧

それでは早速、幼稚園と保育園の違いをそれぞれまとめてみたいと思います。

<幼稚園>
 対象年齢:満3歳
※最近は、2歳(年度途中で3歳になる子ども)も認めている。
 保育内容:自由遊びの時間と一斉保育を組み合わせる場合が多い。
※幼稚園にお昼寝はありません。
 開所時間:9時から14時(標準的)
 お休み:毎週土曜は休み。
※学校の休みに準じているため、夏季や冬期休暇がある。
 延長保育:午後4~5時のところが多いが、6,7時まで可能なところもある。
 食事:給食・弁当など、園によってことなる。

<保育園>
 対象年齢:0~5歳。産休明け(生後57日目以降)から入園可能。
※1歳もしくは1歳半にならないと入園できない園まで、園または地域によって異なる。
 保育内容:自由遊びの時間が多い。
※低年齢の場合、歯磨きなどの生活習慣も身に付けられる。
※おやつの時間やお昼寝時間がある。
 開所時間:9時から17時(基本的に8時間)
 お休み:土日と年末年始のみ。
※園によっては、土日、年末年始も保育をしているところがある。
 延長保育:午後6~7時のところが多いが、都内の私立では8~9時まで対応してくれるところもある。
 食事:全給食

一応、多くの人が幼稚園・保育園を考える上て、おおまかなところをまとめました。
対象年齢からして違いがありますね。
また、保育時間が違うことがポイントになりますよね。
保育園の方が長いです。
もちろん、最近では共働きの家庭が増えてきていますので保育園の選択肢しかないという家庭もあるかと思います。

sponsored link

幼稚園と保育園の保育料・費用はどっちが安いのか

続いて気になるところは、やはり保育料だと思います。
正直、いくらですという設定はありません。要するに、各自治体等に応じて異なっているのが現状です。

価格帯的に、保育園(収入に応じて設定ですが、世帯の区分も自治体によってまちまち)の方が保育時間も長いため、幼稚園と比較して割高になる傾向があります。
幼稚園(その自治体によって一律となっている)も、2万~4万円台となっています。

ただ、どのご家庭でも、児童手当などを充当して抑えているようです。

また、幼稚園の場合、自治体によっては手当もでるようですので、これは各自治体に確認する必要があります。

以下、保育園と幼稚園の費用を比較するためにチェックする項目をまとめておきました。

幼稚園と保育園で学力差は出るの?

これは、非常に難しくこっちがいいというようなものは残念ながらありません。

まず、幼稚園・保育園の環境や指針によっては、身に付けられるものも違うわけです。

私が見てきた幼稚園では
・礼儀や挨拶を大切にするところ
・小学校受験のためのお勉強色の強いところ
・外でいっぱい遊ぶところ
など各幼稚園で特色が現れていました。

ですので、園選びのポイントは、自分の家庭での方針と照らし合わせてみて決めましょう。

幼稚園と保育園の違いまとめ

学校というくくりの幼稚園と、児童施設というくくりの保育園についてまとめましたが、
将来、子どもにとってどちらが良かったなんていうことは、あまり問題になりません。

大切なのは、
自分のこともにとっていいところであるというようなところを探すことですね。

sponsored link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA