妊婦はコーヒーを1日何杯まで?ノンカフェインのオススメコーヒーは?

sponsored link

妊婦さんはカフェインが入っているコーヒーを控えるようにしますよね。
カフェインを多く含む飲み物を摂取しすぎると、母子ともに影響を及ぼすためです。

ただ、コーヒーを愛飲している妊婦にとっては死活問題ですよね。
妊婦はなるべくストレスをかかえないようにすることが一番ですから。
今はカフェインレスやノンカフェインのコーヒーもあるので、活用しながら、妊婦ライフを満喫しましょう。
スタバなどのカフェでもデカフェのコーヒーもありますから、
カフェに行ったら一度店員さんに聞いてみましょう。

今回は、妊婦さんが1日のカフェイン摂取量の目安や、
特に妊娠初期のコーヒー摂取に注意が必要な理由をまとめました。

カフェインには中枢神経を興奮させる作用があります。

大量に摂取すると不眠、精神興奮、筋緊張、頻脈、呼吸促進などが引き起こされます。
また、妊婦さんはカフェインの分解に時間がかかってしまい、
胎盤を通じてカフェインがお腹の赤ちゃんに移行しやすくなってしまいます。

その結果、流産や早産、低出生体重児、発達障害の原因になるとする研究結果もあります。
カフェインが赤ちゃんの成長に及ぼす影響についてまだはっきりしていませんが、
万が一を考えて、摂取量には注意しましょう。
そう、はっきりとはわかっていないのですが避けた方が無難でしょうということです。

妊婦さんはコーヒーを1日何杯まで飲める?

赤ちゃんに悪影響を与えるのは、あくまでも過剰に摂取したときのこと。
例えば、
イギリスでは1日200mgまで、
アメリカ・カナダでは1日300mgまではカフェインを摂取しても問題ないとされています。

さすが、アメリカですね。基準が少しだけ甘くなっています。

残念ながら日本には明確な基準はありませんが、1日に150~200mg(1杯~2杯)くらいまでならコーヒーを飲んでも大丈夫という目安で考えられることが一般的です。

少量のカフェインは覚醒作用や集中力増加などのよい効果をもたらす可能性があるという研究結果もあり、血管収縮作用もあるので、精神を落ち着かせてくれるリラックス効果も期待できます。
カフェインはコーヒーだけでなく紅茶などにも入っているので要注意です。

sponsored link

コーヒーや紅茶を過度に制限することで、ストレスにならないようにしましょう。

1杯あたりのカフェイン含有量

・コーヒー:50~100mg
・インスタント紅茶:30mg
・煎茶、ウーロン茶、ほうじ茶:20~40mg
・麦茶:0mg
・抹茶:48mg
・玉露:200mg
・コカ・コーラ(350ml缶):34mg
・板チョコ(50g):20mg
・ココア:10~20mg

これをみるとわかるように、コーヒーが一番摂取する可能性が高いですね。
だから、コーヒーに注目が集まるのですね。

妊娠中はノンカフェイン・デカフェのコーヒーで

カフェインはコーヒーだけでなく、
紅茶やお茶など色々なものにも含まれており、妊娠中にカフェインを全く摂取しない方が困難です。
ただ、できるだけカフェインを控えながらコーヒーを楽しみたいという方には、
ノンカフェインやカフェインレス(デカフェ)のものがおすすめです。

デカフェ・ディカフェ・カフェインフリーとも呼ばれ、
スターバックスやタリーズなどコーヒー専門店でもオーダーすることができるので、
妊娠中でも変わらず、カフェでリラックスすることができます。
気分転換にカフェで過ごすことはいいことですよね。

デカフェのインスタントコーヒーも販売されているので、お家でもコーヒーを気軽に飲むことができます。

マウント ハーゲン オーガニック カフェインレスインスタントコーヒー100g

これ私も飲んだことあるのですが、
カフェインレスの中ではこれが一番です。

妊娠初期のコーヒーには特に気をつけて

妊娠初期は、赤ちゃんに栄養を与えている関係で、
血液量が変化することから貧血になりやすい時期です。

コーヒーに含まれるタンニンは鉄分の吸収を妨げる作用があります。
そのため、貧血の症状が出ている場合は飲むのを控えましょう。
特に体に栄養素を取り込む食事中~食後30分以内は飲まないようにしましょう。

sponsored link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA