面倒な皿洗いを簡単に済ますための工夫・コツとは?

sponsored link

毎日の皿洗い、必要なことですが面倒ですよね。

特にカレー、ミートソースのパスタなど油物を食べた後のお皿は

ベタベタしていて洗いづらいですね。

頑張って洗っているのに、なかなか綺麗にならないって経験ありませんか?

いつまでもお皿がべたついているために洗うのが嫌になることもあります。
しかし、皿洗いは特別なものを用意しなくても、

やり方しだいで早くきれいに仕上げることができますよ。

お皿を洗う前にするべきことは?

お皿を早く洗うコツとは?

面倒な皿洗いを楽に出来る方法についてまとめました。

油がべったりついていたり食べ残しがあるお皿は、

洗う前に一手間かけるだけでかなり洗いやすくすることができますよ。

油汚れがひどく残っていれば、

ぬるま湯に洗剤を入れて、少しつけおきしておきましょう。

そうすれば油が浮いてきますので、

その後の洗いがかなり楽になります。

また、食べ残しがある場合やソースなどがお皿にこびりついている場合は、

ヘラを使ってなるべく落としてから洗うようにしましょう。

へらを持っていないという人は、
キッチンペーパーなどで軽くふき取ることで
お皿の油分がかなり少なくなりますy。

お皿についているものが少ない状態で洗ったほうが、

その後の処理が早くすみます。

お皿を早く洗うためには、洗う順番にも注意が必要です。

汚れがたくさんついているお皿を先に洗ってしまうと

sponsored link

スポンジが汚くなってしまいます。

汚いスポンジのままでお皿を洗い続けていると、

たいして汚れがなかったはずの皿がかえって汚れてしまい、

洗うのに時間がかかってしまいます。

食器を洗う時は、

まずはコップなど割れやすいガラスのものから始め、

汚れの少ないものから徐々に汚れているものを洗うようにしてください。

皿洗いをする時に水で洗う人とお湯で洗う人がいますが、

油汚れはお水よりもお湯のほうがよく落ちます。

お湯を使って皿洗いをすると

手が荒れやすいからお水で洗っているという方もいらっしゃいますが、

お水よりもお湯のほうがすぐに汚れを落とせますから、

皿洗いに時間を掛けずに済みます。

早く洗い終われば、

その分だけ手や指に負担をかけることがありません。

水で洗うより、

お湯を使ってさっと洗ったほうが、

手荒れを防げますよ。

家事の一つである皿洗いはしないわけにはいきません。

面倒になって、

流しにお皿をためこんでしまうと、

汚れが乾いてしまって皿洗いが大変になるだけです。

皿洗いを簡単にすませたいならば、

食べ終わったらすぐに洗い始めましょう。

汚れたお皿が出るたびに洗うようにすれば、

一回に洗う量もそれほど多くはありません。

一度面倒だと思って洗うことをやめてしまうと

後で困ったことになりますから、毎日頑張りましょう。

sponsored link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA