花粉症の症状で咳だけは異常?原因や対処法、治療法は

sponsored link

花粉症の症状と聞くと

くしゃみや鼻水などをイメージする人も多いですが、

実は症状が咳だけという人もいます。

花粉症の季節は

咳だけどうしても止まらないという人の原因や対策を知らないと

正しい対処の仕方がわかりませんよね。

そこで、今回は花粉症の症状で咳について紹介していきます。

花粉症の症状で咳だけ?

花粉症の症状は人によって異なりますが、

じつは咳だけの人もいます。

花粉症の時期だけどうしても咳が止まらないという人は

咳喘息を疑うべきです。

喘息と聞くと発作や呼吸困難を伴うことをイメージし、

慢性的な咳のことを言いますが、

咳喘息は一般的な喘息とは異なります。

これは一定期間の咳のことであり、

軽い喘息または喘息の前段階なのです。

風邪の症状にも似ている咳ですが、

風邪の症状がない場合は咳喘息を疑ってみてください。
咳だけが続くと咳喘息である可能性が高いです。

このような咳喘息になる原因としては、

花粉によるヒスタミンの増加やのどの乾燥です。

ヒスタミンは体内で作られる花粉症の原因物質のことを言います。

ヒスタミンの量が通常よりも増えることで、

鼻や目、のどが非常に敏感な状態となり、

アレルギーが出やすい状態になるのです。

そのため、

花粉症の時期だけ咳が出てしまうというわけなのです。

花粉症の症状で咳が止まらない時の対処法は?

花粉症の症状で咳がどうしても止まらないときは

どのようなことに気をつければいいのかよくわからない人もいますよね。

sponsored link

花粉症対策を万全にするのが基本であり、

のどの乾燥に気をつけると咳が止まらないのを防ぐことができます。

よって、マスクやメガネを花粉の季節は徹底して装着し、

体内に少しでも花粉を取り入れないようにすることが大切なのです。

つまり、花粉症の症状が軽いのであれば、

アレルギーの症状も小さくなり、

咳喘息になる可能性も低くなるのです。

そして、のどというのは乾燥すればするほど

アレルギーを起こしやすい状態になってしまいます。

よって、室外は必ずマスクを着用することは必要であり、

室内では加湿器を必ず使うことが有効的な対処法となります。

そして、室内だからといって安心せず

普段から室内でもマスクをするとのどの乾燥を防ぐことができます。

室内は外よりも花粉は少ないとはいえ、

普段気にしていない埃もハウスダストのアレルギー反応が出ることが多いのです。

よって、ふとんやベッドのハウスダストを防ぐためにも

マスクを着用したまま寝ることがよいのです。

普段からマスクをして寝ない人からすると

少し寝苦しいと感じるかもしれませんが、

これも慣れなので花粉症対策のために必ず行いましょう。

花粉症の症状で咳が止まらないときは病院で受診を

花粉症の症状が咳だけの時は、

風邪をひいてしまったと勘違いをしやすいです。

そのため、
市販薬など咳止めを飲んだりすることもありますが、
市販薬では効かないことが多いです。

市販薬によって身体に負担をかけてしまうので、

咳がどうしても止まらないと思ったら必ず病院を受診してください。

sponsored link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA