臨月で70kgはやばい?体重増加の対策(ダイエット)

sponsored link

そろそろ臨月になってきて赤ちゃんを産む準備をしているところ、
「臨月に体重増加が」と悩む妊婦さんは多くいます。

70キロになってしまった!なんて聞くこともあります。

特に、妊娠初期から中期にかけて食べつわりの症状があった妊婦さんは
体重増加したまま臨月を迎えてしまいやすいものです。
今回は臨月の体重増加について、目安や管理方法をまとめました。
あまり神経質にならないようにしましょう。

臨月に体重増加しやすい原因は?

臨月に体重が増加するのは主に2つの原因が挙げられます。

1つは、代謝が悪くなることがあげられます。
「臨月に手足がむくむ」という話を聞くことも多いかと思いますが、体内の水分をうまく排出できず、体重も増えてしまいます。血液の循環も悪くなり、体にだるさが残ったりします。

2つめは、運動不足です。
お腹が徐々に重くなるため、家事は思うようにできず、歩くスピードも遅くなります。
運動不足によってカロリー消費が自然と減ってしまうことで体重増加しやすいのです。
また、運動不足になると筋力も衰えてくるので、代謝が低くなることも要因のひとつです。
特に仕事をしていた方は産休に入るため、通勤もなくなることで運動量が急激に減るので要注意ですね。

臨月の体重で70キロは大丈夫?目安はどのくらい?

体重増加の目安は、肥満レベルをあらわすBMIという数値で決められます。
〔妊娠前の体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)〕で求められます。

sponsored link

・BMI18.5未満(痩せ気味):10~12kg程度
・BMI18.5~25未満(標準):7~10kg程度
・BMI25以上(太り気味):5~7kg程度

この数値は妊娠中の体重増加の目安ですが、これを見ながら、一度計算してみましょう。
臨月でも超えていないかどうかを確認しましょう。
臨月は1週間に200グラム増える方も多くいますが、
一週間に500グラム以上増えてしまった方は注意が必要です。
もちろん個人差もありますので、自分がどれだけ体重増加してもいいのか、妊婦健診でお医者さんに聞いてみてくださいね。

臨月のおすすめダイエットは?

臨月に入ってからできる運動はそれほど多くありませんが、ウォーキングがおすすめです。
自宅近くの公園などを30分~40分ゆっくりと歩くだけでも効果的ですよ。
臨月のウォーキングは赤ちゃんが生まれる状態に近づくので、おすすめです。

臨月のダイエット、注意点は?

気をつけないといけないのは、体重が増えたからといって食事の量を制限してしまうことです。
このダイエットをしてしまうろ、おなかの赤ちゃんに届く栄養が少なくなるだけでなく、
妊婦さん自身が貧血など体調不良になってしまうこともありえますので、食事制限はしないようにしましょう。
妊娠中の食事制限は、低出生体重児になるリスクも高まりますので、しっかりとご飯を食べましょう。
もちろん、食べ過ぎには気をつけないといけません。

sponsored link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA