臨月のむくみ解消はどうすればいい?原因や解消法

sponsored link

妊娠中には様々なトラブルがありますが、
多くの妊婦さんが経験するのがむくみで、臨月は特に症状がひどくなります。
お腹が大きくなってくるので、むくみやすい状況になるからです。

最近は冷え性や働く妊婦さんが増えたことや出産年齢の高齢化などで静脈瘤を伴う足のむくみが安定期からでも珍しくなくなりました。今回は臨月のむくみについて、原因、症状、解消法をまとめました。

臨月のむくみ、原因は?

臨月になると血液量が妊娠前よりも3~5割ほど増加することが原因でむくみやすくなります。
また、拡大した子宮が骨盤を圧迫し、下半身の血流が悪くなることも、むくみの原因の一つです。
その他にも、塩分の過剰摂取や運動不足、冷えによる血行不良も原因になります。
なので、塩分の多い食事には気をつけましょうね。

臨月になると体を動かさず、座っりっぱなしになることも多いですので、むくみやすくなります。
また、衣服の締めつけもむくみを引き起こします。

臨月になると手足がむくむ妊婦さんが多く、今まで履いていた靴がきつくなったり、指輪が抜けにくくなったりします。症状がひどくなると、ゾウのような足になる方や痛みを感じる方もいます。手足だけでなく、顔やまぶたがむくんで視界が狭まるほどむくむ方もいます。あまりひどい場合は妊娠高血圧症候群の疑いもあります。

臨月のむくみで体重増加。対策は必要?

臨月のむくみは体重増加を引き起こし、1週間で数キロ増加してしまうこともあります。
数キロ増えること自体は異常ではなく、お医者さんに相談しても「出産すると体重は減る」といわれることが多いようです。ただし、妊娠高血圧症候群の場合は注意が必要です。
妊婦健診でお医者さんから血圧を指摘されている方が、
むくみで急な体重増加があったら、念のためかかりつけのお医者さんに相談しましょう。

臨月のむくみ、解消法は?

・マッサージ
リンパの流れを良くし、体内に溜まった老廃物の排出を促し、足のむくみや首元のだるさを解消します。
お風呂あがりにリラックスして行うと、ストレス解消や精神の安定にも繋がりますよ。
りらっkできるゆったりとした音楽を聞きながらまったりと行うのがおすすめです。

sponsored link

赤ちゃんに負担をかけないために腹部のマッサージは避けましょう。
また、臨月に入っても妊婦マッサージを行ってくれるサロンがありますのでそちらもいいですよ。

・塩分を控える
臨月は特に血液量が増えるため、普段通りに塩分を取るとむくみがあらわれてしまいます。臨月に入ったら、素材そのままの味を楽しむくらいシンプルな調理が望ましいですね。お酢や減塩しょうゆを使ったり、麺類の汁を残したり、塩分控えめを心がけてくださいね。加工食品や外食はどうしても塩分過多になってしまうので気をつけましょう。

・むくみに効く食材を摂取
むくみ解消に効果がある栄養素といえば、カリウムです。
カリウムには体内に含まれる塩分を尿として排出する働きがあります。
リンゴやバナナなどの果物や野菜、豆類に多く含まれていますので、積極的に取り入れたいですね。
煮ると溶け出してしまうので、生で食べるか、スープにして煮汁まで食べるようにするとたくさん摂取できますよ。食塩無添加のトマトジュースも手軽でいいですね。
また、ごぼう茶、利尿作用の高い杜仲茶、ハトムギ茶、ドクダミ茶、柿の葉茶などのお茶の飲用もおすすめです。
これらは妊婦もきになるカフェインがノンカフェインなので、安心ですね。

・足湯
足湯で血行を良くすることで、既に溜まった水分の排出を促します。少し深めの洗面器に40度くらいのお湯を張って足を浸けるだけ。就寝前にリラックスしながら行うことで眠りやすくなりますし、冷え対策にも繋がりますよ。

・適度な運動

筋力が低下すると血流を全身に送りにくくなり、それによってむくみが発生します。
ウォーキングなど臨月でも無理なく行えるような運動で筋力をつけましょう。

・足を高くする
寝るときやテレビを見るときは足枕をするなど、できるだけ足を高くすることを心がけましょう。

妊婦のむくみは出産後に解消される

お腹に赤ちゃんがいる限り、完全にむくみを解消することは難しいので、臨月ではあまりむくみを気にせず、動いて、歩いて、出産に備えたいですね。出産後は元通りになる方がほとんどですよ。出産まであと少しの辛抱ですから、リラックスして出産を待ちましょう。

sponsored link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA