新生児でエルゴはいつから?インサートって必要なの?

sponsored link

ベビーカーと並んで育児の必需品である抱っこ紐。
その中でも絶大な人気を誇るのが「エルゴベビー」です。
もうひとつはベビービョルンです。

街でもエルゴベビーで赤ちゃんを抱っこしているパパママをよく見かけますよね。
ちなみに我が家もエルゴを利用しています。

今回はエルゴベビーはいつから使用できるのか、新生児用インサートの使い方、赤ちゃんの足が出ないときの対策についてまとめました。
これから抱っこ紐を探す人、ベビービョルンと迷っている人はしっかりと読んでくださいね。

エルゴベビーとは?

エルゴベビーはハワイで誕生し、今では世界50ヶ国以上で販売されている大人気の抱っこ紐です。人気の理由は、赤ちゃんを抱っこしたときの身体への負担が少ないところ。従来の抱っこ紐は、肩だけで赤ちゃんを支える仕様のものが多く、赤ちゃんの体重が重くなるほど肩に負担がかかっていました。

エルゴベビーは、赤ちゃんの体重を腰と肩に分散させる設計により、パパママの体への負荷が軽減され、長時間抱っこしても負担がかかりにくいことが特徴です。赤ちゃんは自然に開脚した姿勢をキープでき、パパママに密着できるので快適に過ごせます。

デザインやカラーバリエーションが豊富なのも、エルゴベビーの特徴です。おしゃれなデザインは、ファッション感度の高いパパママから大好評。ユニセックスなデザインで、男性でも違和感なく身につけられるのも人気の理由です。

エルゴベビーはいつから使えるの?新生児に使ってもいいの?

エルゴベビーは首がすわった生後3・4ヶ月頃から、赤ちゃんと向かい合った姿勢の「対面抱き」で使用できます。腰がすわった生後6・7ヶ月頃からは、「腰抱き」「おんぶ」でも使用できます。別売りの「インファントインサート」を使えば、新生児からでも「対面抱き」で使用することができます。

エルゴベビーで新生児から使える「インサート」とは?

エルゴベビーの「インファントインサート」とは、赤ちゃんを包み込むクッションのようなもので、「新生児用パッド」のことを指します。このインサートを使えば、ママのお腹にいたときと同じように丸まった姿勢のまま、赤ちゃんの頭部と首、おしり、仙骨、背骨を正しい位置で支えてくれます。赤ちゃんの手足が固定されずに楽な姿勢をキープできる設計になっています。

sponsored link

インファントインサートは、エルゴベビーキャリアのシリーズや柄を問わず、共通して使用できます。

エルゴベビー オリジナル・インファントインサート

エルゴベビーキャリアで新生児を抱っこするときには、まずバックル・ストラップ・ウエストベルトの各パーツがしっかり留まっているか、破れやほつれがないかを最初に確認しましょう。確認ができたら、インサートを使って赤ちゃんを抱っこ紐に入れる作業に移ります。

インファントインサートの使い方

1. エルゴベビーキャリアをママ・パパのおへそあたりの高さに装着
2. 赤ちゃんをインファントインサートの上に寝かせ、ストラップを留めて赤ちゃんを固定
3. インファントインサートに包まれた赤ちゃんの背中をしっかりと支えながら抱き寄せ、インファントインサートにベビーキャリア本体をかぶせる
4. 肩ストラップを腕に通し、後ろのバックルを留めて長さを調節
5. ベビーキャリアの両脇から手を入れて、赤ちゃんがベビーキャリアに深く腰かけられるような姿勢になるよう調節する

エルゴベビーのインサートから赤ちゃんの足が出ない!対策は?

エルゴベビーのインファントインサートは、赤ちゃんの股関節の発達を妨げないように、
足を固定せずに包みこむ仕様になっています。
足の位置が赤ちゃんの大きさや姿勢によって変わるので、生後3ヶ月頃までは、ベビーキャリアの外から足先が見えない場合もあります。そのようなときには、インファントインサート下部から足を出したまま、赤ちゃんの足裏を合わせた自然な形にしておきましょう。エルゴベビーキャリアの中で、赤ちゃんが深く腰かけている状態であれば、赤ちゃんは苦しくありません。

新生児がエルゴベビーを使用するときは、インサート必須です

エルゴベビーはママの肩への負担が少なく、赤ちゃんも快適に過ごせる抱っこ紐です。インファントインサートをつければ新生児から使用することができ、1ヶ月検診やお出かけのときにも重宝しますよ。はじめは装着するのに手間取ってしまうこともありますが、慣れてしまえば赤ちゃんをサッと抱っこすることができます。エルゴベビーをうまく活用して、赤ちゃんをたくさん抱っこしてあげてくださいね。

sponsored link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA