インフルエンザの予防接種、なんで子供は一回だけで効果なく二回必要なの?接種間隔と副作用

sponsored link

お子さんがいるご家庭では、冬になると気になるのがインフルエンザ。

テレビのニュースで流行の兆しが見えるととっても気になりますよね。

そこで子供にインフルエンザの予防接種を受けさせることも少なくありません。

今回は、子供のインフルエンザ予防接種について気になることを紹介していきます。

なんで子供はインフルエンザ予防接種を2回受ける必要があるの?

子供がインフルエンザの予防接種を受ける場合には基本的に2回受けることになります。

その理由は、子供が身体が小さいため1回で大人と同じ量のワクチンを接種できないからなんです。
一回で摂取するワクチン量が少ないということですね。

さらにインフルエンザワクチンは不活化ワクチンと呼ばれるもので、
1回接種しただけでは1か月ほどで効果が消滅してしまします。

けれども、2回目のワクチンを接種することで免疫増幅効果で1回目よりもはるかに高い免疫力がついて数か月持続します。

ですから、13歳未満のお子さんの場合には、インフルエンザの予防接種は基本的に2回受けることになるのです。

子供がインフルエンザの予防接種を受ける時期(タイミング)は?

それでは、こどもはインフルエンザの予防接種はいつ頃受ければいいのでしょうか?

子供の場合はインフルエンザの予防接種を2回受けることになります。

1回目と2回目の接種間隔で望ましいのが1週間から4週間といわれています。

sponsored link

免疫効果が出始めるのに2週間はかかると言われているので、
しっかりと効果を期待するなら4週間程度開けたいところです。

そのため、インフルエンザの予防接種の1回目は10月下旬から11月初旬に受けたいものです。

毎年インフルエンザの流行時期は多少異なりますが、12月ころからだんだんとニュースでも伝えられます。

このことを考えると免疫効果が出始めるのが2週間からですので11月下旬までには1回目を、そして12月中旬までには2回目を接種しておきたいですね。

気になるインフルエンザの副作用は?

インフルエンザの予防接種でもまれに副作用がでることがあります。

たとえば、注射した場所に局所的な症状がでることがあります。

それが、腫れ、痒み、痛み、熱を持つといったものですが2,3日で回復します。

また全身症状として、発熱や頭痛、悪寒、倦怠感、吐き気などが出る場合もありますがこれも軽度なことが殆どです。

ただ、まれに重い副作用やアレルギー反応が出る場合もあるので十分に気を付ける必要があります。

かなり調子が悪いと思ったら、自分で判断することなく
お医者さんに診てもらうことも検討していきましょう。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、子供のインフルエンザの予防接種についてのお話でした。

今回インフルエンザの予防接種は紹介したように2回接種が基本となっていますので、的確な時期を把握して早めに受けるようにしましょう。

sponsored link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA