猫アレルギーの対策法&治し方!空気洗浄機のおすすめ、猫を飼う場合の注意点

sponsored link

猫アレルギーってご存知ですか?

最近は、花粉症や食物アレルギー、金属アレルギーなどさまざまなアレルギーがあるけれど、動物アレルギーもあるんですよね。
私の周りにも猫アレルギーの人がいます。猫好きなんですけど残念ですね。

中でも猫アレルギーは猫との接触によってアレルギー反応を起こすもので、猫を飼っているご家庭でなくても猫のいる家に遊びに行ったりしてもアレルギー反応を引き起こすことがあります。

そこで今回はそんな猫アレルギーについて紹介していきます。

猫アレルギーの原因は?

まずは猫アレルギーの原因からご紹介しておきましょう。

猫アレルギーの原因となるアレルギー物質は、現在は8種類が報告されています。

そのアレルギー物質はとても小さいもので花粉やほこりの10分の1ほどしかないともいわれます。

その小ささからあらゆる場所に飛散しやすく猫アレルギーになる人がいるというわけです。

そんな猫アレルギーのアレルギー物質の中でも最もアレルギーを引き起こしやすいと言われる成分があります。

その成分は、猫の皮膚の中にある脂腺や肛門腺、唾液腺から分泌されます。

とくに首や顔の周りに毛の多い猫に多いといわれます。

猫アレルギーの症状は?

猫アレルギーの症状は以下にまとめます。

・目のアレルギー症状
 かゆみ・充血・涙・腫れ
・鼻のアレルギー症状
 かゆみ・鼻水・くしゃみ・鼻づまり
・のどのアレルギー症状
 痛み・咳・喘鳴(ぜんめい=ぜーぜーいうこと)
・皮膚のアレルギー症状
 発赤(ほっせき)・かゆみ
・その他のアレルギー症状
 胸を締め付ける感覚・唇の荒れ・喘息のような咳き込み・花粉症様症状

猫アレルギーの対策方法は?

家で猫を飼っているのにアレルギーになってしまった場合にはどのように対処すればいいのでしょうか?

ココではそのいくつかを紹介していきますのでゆっくりとみていってくださいね。

まずは、簡単にできることからですが、猫を触った後は必ず手を洗うことです。

ネコは自分でグルーミング出来ない首や顎の下をなでられると喜びます。

sponsored link

けれどこのような場所にはアレルギー物質も豊富にあるので、
猫をなでた後は手にアレルギー物質が付着している可能性があります。

ですから必ず手を洗うようにしましょう。

また、家の中では猫が入れない場所を作りましょう。

これは、猫がいっさい入れない場所を作ることで、アレルギー物質が飛び散らないようにできます。

このほかにもさまざまな対策方法がありますので、ひとつひとつ試してみましょう。
犬・猫用の空気清浄機もありますので、よかったらみてみてください。

事前に猫アレルギーかどうか調査できるの?

猫を飼いたい。でも、自分が猫アレルギーだったらどうしよう。
そんなことを思ったら、事前に検査しれみてばいいのです。

猫アレルギーかどうかを事前に知る検査には幾つかありますが、
現在有効とされているのは皮膚の表面を針で軽く刺す「プリックテスト」と、
少量の血液を採取して検査する「RAST」の2つです。
少量のアレルゲンを皮膚内に注射する「皮内テスト」に関しては、あまり信頼性が無いとされています。

sponsored link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA