生後一ヶ月の赤ちゃんのあやし方・泣き止まないときのコツ

sponsored link

新生児(生後一ヶ月)の赤ちゃんは、泣いて泣き止まないですよね。

赤ちゃんにもよるのでしょうが、我が家の赤ちゃんは
これでもかというくらいに泣き止まない状況が続いていました。

なので、生後一ヶ月の赤ちゃんを泣き止ませるためにいろいろなことを試してみました。

やっぱり、新生児の赤ちゃんが泣いていると
 ・泣きに止ませるためにはどうしたらいいの?
 ・早く泣き止ませたい
 ・おっぱいかな?
 ・それとも、オムツかえかな?
っていろいろと何をしたらいいの?って思いませんか。

できることは順番にやっていきましょう。
そうすることで、次にどれを試していけばいいのかわかります。
どこかで泣き止むことができればいいですよね。

新生児を泣き止ませる解決策その1:ひたすら抱っこ

まずは、基本の抱っこですね。
新生児の赤ちゃんは布団に泣くと泣いたりしますよね。
背中スイッチなんて言われますね。

さっきまで、抱っこで落ち着いていたのに
そーっと布団においてみても
「抱っこ」
っていっているみたいで、泣くことがあります。

抱っこをすると安心する赤ちゃんもいるので、
抱っこで泣き止むなら積極的に抱っこをしましょう。
ただし、徐々に赤ちゃんをだっこしすぎて腰をいためないようにしてくださいね。
親の身体も大事です。
特に、産後一ヶ月のお母さんはあまり重たいものや動くことをしないほうがいいですからね。

sponsored link

新生児を泣き止ませる解決策その2:ひたすらおっぱい

新生児赤ちゃんは、お腹が空いていることもあります。
そのため、赤ちゃんは泣くことでアピールしているわけです。
おっぱいをあげれば、口がふさがるので泣くことはなくなります。

新生児を泣き止ませる解決策その3:外の空気を吸ってもらう

部屋の中にいるとどうしても空気のせいか、赤ちゃんが泣き続けることがあります。
なので、部屋からでて外の空気を吸わせてみましょう。
そうすると、新生児赤ちゃんも気分が変わるのか泣き止んでくれます。

新生児を泣き止ませる解決策その4:おむつ替え

赤ちゃんが泣いている理由は、おむつが気持ち悪いからかもしれません。
なので、もしオムツを長い間変えていなかったら、綺麗に新しいオムツにかえましょう。
そうすることで、新生児の赤ちゃんが泣き止むかもしれません。

新生児を泣き止ませる解決策その5:そのまま泣かせておく

いろいろと頑張ってみても泣き止まないこともあります。
なので、辛いかもしれませんが、
少しだけ待ってみることも一つの方法です。
思いっきり赤ちゃんが泣くことで少し落ち着くこともあります。

まとめ

新生児の赤ちゃんは泣くことでいろいろなサインを出しています。
なるべく新生児の赤ちゃんのサインに気がつき対応できるようにしていきましょう。

sponsored link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA