トイレ掃除のコツと効率的なやり方!黒ずみや黄ばみ、尿石をキレイすっきりに落とす洗剤と汚れの予防法

sponsored link

トイレ掃除は好きですか?

トイレはいつも綺麗にしておきたいけれど、
ちょっと面倒だなって放っておくとすぐに黒ずみになってしまったりしますね。

だから出来るだけ頻繁に掃除することが大切なんです。
言うは安しですが、なかなかできませんよね。

そこで今回はなるべく効率的に、そして汚れにくくなるようなトイレ掃除の方法をご紹介していきます。

便器の頑固な汚れを落とすには?

まずは、普段の掃除で見逃してしまってついてしまった便器の頑固な汚れ。

トイレ便器・便座についている黒ずみ。

印象も悪いのでできるだけ綺麗にお掃除したいものですね。

そこで黒ずみを取るために用意したいのが、アルカリ性洗剤とメラミンスポンジです。
洗剤の成分表をみて、アルカリ性であることを確認しましょう。

黒ずみは主にカビや微生物が原因となっているのでアルカリ性洗剤で除菌します。

アルカリ性洗剤をかけてしばらく放置したところでメラミンスポンジで擦って落としましょう。

尿石の落とす方法は?

そしてもうひとつ気になるのが黄ばみになってしまう尿石です。

尿石は悪臭の原因ともなるので出来るだけ綺麗にしたいですね。

尿石をきれいにするためには、酸性洗剤が必要です。
この酸性洗剤は、
ドラックストアなどで購入可能ですが、塩酸が入っているので使用する際には注意が必要です。

sponsored link

トイレブラシでこする際にもはねて目にはいったりしないようにメガネなどで保護しましょう。

酸性潜在から発生する塩素ガスは危険ですのでマスクを着用してゴム手袋を使うようにしましょう。

ただ、シッカリと使い方を守れば尿石をキレイに落とすことができますので挑戦してみてください。
お子さんがいる家庭は特に気を付けましょう。
できれば、子供が寝ているときにこっそり掃除をすることがオススメです。

トイレの汚れの予防法

トイレの黒ずみや尿石汚れなどが気になる前に予防する方法を覚えておきましょう。

一番大切なのが、日々のトイレ掃除です。
わかっていながら、毎日はできないと思いますか?

時間がなくても数分でいいのでトイレ掃除を日課にしましょう。

便器につく汚れは一度ついてしまうとどんどん落ちにくくなってしまうのでその日のよごれはその日のうちにしましょう。

毎日しっかり掃除しておけば、汚れが落ちやすいので大変な掃除をしなくて済みます。

お気に入りのお掃除グッズを見つけて、すぐに掃除できるように準備しておくとよいでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、トイレの掃除方法についてご紹介しました。

トイレって意外と狭いので思ったより掃除が簡単なんですよ。

ただ、毎日の掃除をさぼってしまうと汚れが落ちにくくなりますので、朝起きたらすぐにそうじするなど習慣にするとよいでしょう。

sponsored link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA