筋肉痛を早く治す方法!プロテインサプリメントやストレッチの効果的なやり方

sponsored link

最近、運動会なども増えてきましたが筋肉痛になったことがありますか?

たいていの人が筋肉痛は経験したことがあるでしょう。

とくに運動不足を解消しようと急にジョギングを始めたり、
体操を始めたりすると筋肉痛になって動けないなんてこともあります。

今回はそんな筋肉痛を早く治す方法を紹介していきます。

じつは、意外なのですが筋肉痛の原因はまだまだはっきりとわかっていないことも多いのです。

分かっている事としては激しい運動をして筋肉に乳酸などの疲労物質が溜まると神経を刺激して筋肉痛を引き起こします。

また、筋肉に大きな力が加わることで筋肉を覆う筋膜に損傷が起こることがあります。

このとき傷ついた筋膜が炎症を起こすことで筋肉痛になります。

筋肉痛になったら生活のなかの単純な動きもちょっと大変になったりします。

そこでできるだけ早く筋肉痛を治す方法を紹介します。

まずは、正しい筋肉痛の治し方は冷すことです。

筋肉痛とはご紹介したように激しい運動をして疲労物質の乳酸が溜まることが原因なので、温めて血行をよくすればよいと考えがちですね。

でも、じつは筋肉の炎症が酷い時には、まずは冷して炎症を抑えることが大切です。

痛みが引いてきてから温めて血行を良くすることが大切です。

sponsored link

また、マッサージをする場合には食後3時間以降に行うことが大切です。

なぜなら食後は消化吸収を行う時間なので胃などの内臓に血液が使われます。

この時にマッサージを行ってしまうと刺激されている筋肉への血液が行き、消化吸収が遅れてしまうのです。

ですからマッサージは食後3時間以降に行うようにしましょう。

お風呂あがりにストレッチを行うのもおすすめです。

太ももやふくらはぎはリンパの流れがよくなるよう手のひらでしっかりさすってあげましょう。

筋肉痛の原因がとして乳酸が溜まることがあげられるので、乳酸を除去する亜鉛やクエン酸を含む食材を摂取しましょう。

亜鉛が多く含まれる食べ物としては、大豆や牡蠣、レバーです。

また、クエン酸が多く含まれる食べ物が、レモンやキウイ、梅干しです。

ぜひ、積極的に摂取するようにしましょう。

プロテイン・サプリメントは効率的にタンパク質を補給でき、しかも低カロリーなのでおすすめです。

上でご紹介した冷す方法や温める方法と合わせて、食事療法もしていくといいですよ。

いかがでしたか?

今回は、筋肉痛を早く治す方法をご紹介しました。

筋肉痛は、大きなけがではありませんが誰でもなる可能性のあるものです。

そこで実際に筋肉痛になった時に少しでも早く治せるように処置方法を知っておくと便利でしょう。

sponsored link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA