フリースタイル出産とは?フリースタイル出産のまとめ

sponsored link

妊娠中、あるいはこれから出産を考えているお母さんにとって、
赤ちゃんをどの病院または助産院で産むかは重要な問題です。
身体的にもメンタル的にも負担がかからないような出産を目指しましょう。

病院はどこでも構わない、と考えている方も中にはいらっしゃいますが、
分娩が少しでも楽になるように、無理のない姿勢で出産ができれば一番理想的ですよね。

出産といえば、お腹の大きなお母さんが仰向けに寝た姿勢で赤ちゃんを出産するスタイルが一般的と考えられていますが、実はこの分娩スタイルはメリットが少ない姿勢であるとも言われています。

動物は本来お腹を下にして子供を産みますが、
人間だけはお腹を上に向けて出産を行う方法が定着しており、
このスタイルは出産するお母さん本人ではなく、
赤ちゃんを取り出す側の都合に合わせているからとも。

そこで今回は、今注目されている
「自由な姿勢で出産できるフリースタイル出産」について詳しくご紹介していきます。

フリースタイル出産とは?

「フリースタイル出産」の別名は、
「フリースタイル分娩」「アクティブバース」などとも呼ばれており、
名前の通り自分にとって楽な姿勢から出産を行う方法です。

フリースタイルというと、
固定の姿勢でないことから、何も決まっていない自由な動作で産むのかとイメージしてしまいますが、
実際はお母さんにとって無理のない姿勢を取ることができます。

四つんばいのポーズを取ったり、産み綱と呼ばれる天井からさげられた綱に掴まって力む方法もあります。

一見普通の出産スタイルではないので違和感を覚える方もいるかと思いますが、
分娩台に寝るのと比べると母体や胎児に負担が少ないため、
日本国内はもちろん世界各国で注目されている分娩スタイルになっているんです。

日本では古来よりこのフリースタイル出産が行われてきましたが、
欧米から分娩台の文化が入ったことで、自然と欧米スタイルが定着してしまったようです。

フリースタイル出産のメリット

赤ちゃんとお母さんの負担が少ない分娩台に仰向けになった格好は、
胎児が外に出る際に頸椎に負担がかかるおそれがあります。また母体にもストレスがかかります。

しかし、フリースタイル出産なら、
自然に自分自身で体をコントロールしながら、無理なく出産することができます。

sponsored link

ただでさえ負担がかかる出産ですから少しでも負担を軽くするために、
自然な姿勢で産むことができればいですよね。

実はフリースタイル出産にはこんなメリットも

フリースタイル出産は、言葉の通り精神的にも自由度が高い出産方法です。

分娩台に寝て出産する場合、
自由がきかないせいか赤ちゃんを取り上げてくれる人のことも考えて遠慮したり、
どうしても受け身の姿勢になってしまうのですが、
フリースタイルならお産に集中しやすく、赤ちゃんと一体になりやすいと言われています。

「自分らしくこのおなかにいる赤ちゃんを産むのだ」
というお母さんの意欲は赤ちゃんにも伝わり、
精神的に安定感が出て全身の血液循環も向上するというメリットがあります。

フリースタイル出産は、出産時の疲労の軽減することができます

また、フリースタイル出産には疲労感を軽減するメリットもあります。

いきみすぎず、会陰裂傷など分娩で起こるトラブルも最低限に抑えることができるので、鎮痛剤の投与も通常の分娩より少なくできるケースが多くあります。

一方でフリースタイル出産はデメリットもあります

フリースタイル出産が可能な病院は、助産師さんがいる産院に多いようです。

助産師さんというと自宅出産を思い浮かべますが、フリースタイル出産を産院で行えるところもあります。
近年では
・自分らしい出産をしたい
という希望や、日本国内での認知度が高まってきているため、
フリースタイル出産を扱う産院の数も年々も増えてきているようです。

病院でのフリースタイル出産に比べ、助産院でのフリースタイル出産は異なる点もあります。
助産院でのフリースタイル出産のデメリットを見てみましょう。

助産院と病院が大きく異なる点は、医療行為が行えないことです。

妊娠始めからの基本的な検診はもちろん助産院で行うことができますが、
血液検査・超音波検診などは病院で行い出産に備えます。

お産となると予期せぬ事態が起こることも考えられますが、
そのような場合は助産師も同行して提携している病院へ向かうことになります。

助産師さんの経験やスキルにより、
いざというときに病院へ向かう判断が遅れたりするケースが全くないとは言えませんので、
助産院選びは十分に考慮する必要があります。

sponsored link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA