妊娠中に風邪をひいてしまった!市販の風邪薬は飲んでいいの?

sponsored link

「妊娠中に風邪をひいてしまった!」

妊婦さんは健康には気を使っていると思いますが、
ふとしたタイミングで風邪をひいてしまうこともありえます。

風邪薬は中には胎児へ影響のない薬もありますが、
危険な成分が含まれている医薬品には奇形を引き起こしたり、
成長が不完全になってしまうリスクがあるため、妊娠中は自己判断で薬を飲むことはできません。

そこで今回は、
 
 妊娠中に薬を飲むとどんな悪影響があるのか?

についてご紹介していきます。

市販薬は絶対に避けたほうがいい

妊娠中に何らかの薬を飲むと、それが血液中を巡って胎盤を通過し、赤ちゃんの血液となります。赤ちゃんは成長が不完全で、自立しているわけではなくお腹の中にいるうちはお母さんと血を分けた存在です。

しかし赤ちゃんには薬の強烈な成分を分解したり、
体外に排出する仕組みは整っておらず、逆に正しい成長を妨げる可能性もあります。

sponsored link

もし、市販薬をのんでしまったら、
飲んだ薬と時間を産科医に相談しましょう。

妊娠中の風邪はまずかかりつけの医師に相談を

妊娠初期は赤ちゃんの体の大切な組織や器官が形成される時期で、もっとも薬の影響が出る期間と言われています。

したがって市販薬をいつものように服用する事は避け、
病院を受診して適切な薬を処方してもらわなければなりません。

妊娠初期はもっともデリケートな期間ですから、
むしろ何も飲まない方が良いだろうと薬を服用しないで我慢するお母さんも多いのですが、
風邪の症状やウイルスの種類によっては自然に治すのに時間がかかる場合もあります。

風邪が赤ちゃんに影響する?

かぜそのものが赤ちゃんに影響することはまずありえません。
軽度のかぜであれば、薬は飲まないで、十分な栄養と睡眠をとりましょう。

sponsored link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA