子連れで花見を行くことになったときの持ち物

sponsored link

春になると、やっぱり桜の下で
お花見をしたくなりますよね~。

濃いピンク、薄いピンク、
白、桜だけでも種類が豊富で、

大きな公園ならば芝桜や
チューリップなど

他のお花も楽しむことができて、
子供を連れてのお出かけにもってこい!

そんな子連れのお花見の持ち物、
これを持っていくと便利ですよ~。

というものをまとめてみました。

私も毎年春になると
大きなレジャーシート、お弁当をもって
近くの桜のきれいな公園にお花見にいきます。

当たり前ですが、大人だけで行っていた頃と、
今子供が産まれて行く花見とでは

持ち物がだいぶ変わりました。

いろんな事態を考えて

あれもこれもと袋に詰めてしまうので
どうしても重くなってしまいますが、

あって良かったかなと思うものも
たくさんあります。

そんな持ち物リストを紹介していきます。

まずは、子連れ花見に必須の持ち物を紹介します

  • ふかふか厚手のレジャーシート
  • お菓子・ジュースなどの
  • くるんで暖かい素材の毛布
  • 固まるタイプのトイレ

お花見は国立公園のような
設備の整ったところでも、

普段と違い、大変混雑していて
子連れでは不便を感じることも
多いと思いんです。

特に困るのがトイレ!

お花見の場所から遠かったり、
混んでいたり。

特に子どもは、遊びに夢中になって
ギリギリまでガマンしてたのをいまでも思い出します。

sponsored link

な~んてこともあるので

固まるタイプのトイレは
持っていくと便利ですよ。

ドラッグストアにも
売っていますのでぜひ見てみてくださいね。

あと、くるんで暖かい素材の毛布も必要です。

お花見の時期は結構肌寒いので
ずっと座っていると寒くなることも。

子どもが寝てしまうなんてことも
あるので、

もっておくと安心です。
花見にいって風邪を引くなんて経験したくないですからね。

子連れ花見で、できればあると便利なものは?

  • キャンプ用品の椅子
  • 紙コップや紙皿
  • 大きなゴミ袋
  • レジャーシートを抑えるようなもの

レジャーシートでの鑑賞もいいのですが、
疲れてくる人もいると思います。

そこで、アウトドア用の椅子があれば少しは改善されるので
余裕があれば持っていくといいです。

また、
紙皿や紙コップなどは不足すると困りますので、
人数プラスαの枚数を持っていきましょう。

あと、ゴミ袋はあると何かと便利です。
ゴミだけでなく、汚くなった洋服を入れておくことができ
いろいろな使い道があります。

まとめ

子連れのお花見は荷物が多くなって

準備が本当に大変だけど

子供にとってお花を愛する心が養われて
とっても素敵なことだと思います。

ママもちょっと大変ですが
がんばって準備して

今年も楽しくお花見しましょう^^

今日もおつきあいいただき、
ありがとうございました。

sponsored link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA