予防接種前に知っておくべき副反応で熱が出たときの対処法!

sponsored link

「予防接種の後、熱が出たらどうすればいいの?」

新米ママさんから、質問がきました。

詳しく聞いてみると、赤ちゃんが初めての予防接種を受けるらしく、
その説明書きの中に、「副反応で熱が出る」と書いてあって心配になったそう・・・。

これは子供を持つ親としては、当然の悩みで、
あなたも、同じように心配になっているのではないでしょうか?

実は、私の子供は生後3か月の時に、
予防接種の副反応によって熱が出ました汗

高熱が出たことはもちろんですが、どうしたら良いのか、
対処法が分からないことで更に不安に・・・

その時に、病院のお医者さんはもちろん、ネットや本などを総動員して、
徹底的に調べたおかげで、無事に乗り越える事ができました(パチパチ)

そこで今回は、予防接種後の副反応で熱がでたときの対処法について、
私の経験談を交えて、ご紹介します!

知っているだけで、精神的に楽になると思いますので、
最後まで、お付き合いください。

予防接種の副反応による発熱とは?

そもそも副反応(副作用)による発熱とは、どんな症状を言うのでしょうか?

副反応による発熱の症状

・予防接種当日~翌日にかけて、発熱する
・37度5分以上の熱が出る
・発熱後、2日程度で下がる
・風邪症状(鼻水・咳、痰の絡み)などがない

「乳幼児の発熱は怖い」という意識があったので、

病院に行くべきか?それとも、行かなくてもいいのか?

で、かなり悩みました。

しかし、じつは病院に行く行かないには、明確の基準があったのです。

それでは、予防接種の副反応による熱が出たとき、
病院に行くべき症状について、ご紹介したいと思います。

どんな症状のときに病院に行く必要があるの?

・水分が取れない(乳幼児の場合は、お乳やミルクを飲まない)
・焦点が合わず、意識がもうろうとしている
・熱性けいれんを起こした
・発熱以外の症状(咳や鼻水が出るなどの症状)
・発熱後、3日以上経っても下がらない

この中でも、特に、「水分が取れるか、取れないか」が重要です!

水分が取れないと、脱水症状を起こすことになり、
赤ちゃんの場合は、そこから重篤になってしまうことが多いです!!

また、発熱以外の風邪のような症状や、副反応と言われる以外の症状が伴う場合は、
何らかの病気によって発熱していること可能性があるので、すぐに病院に行きましょう!

sponsored link

また、発熱後、3日以上経っても下がらない時も、
副反応とは別の理由で、発熱している場合が多いです。

そして、判断に困った場合は、予防接種を受けた病院に相談するといいですよ!

私も、高熱でしんどそうな子供を見て、不安になり、
すぐに病院に問い合わせをしました。

その結果、子供の様子を細かくヒアリングしてくれたうえに、
病院に受診するべき症状も細かく教えていただいたのが、先程の症状です。

ちなみに、家のでの対処法も教えてもらったんですが、
副反応による発熱の場合、「見守るしかない」とのことでしたΣ(゚д゚lll)

その理由は、副反応で熱が出るのは、その病原菌に体が反応して、
戦っている(免疫を作っている)証拠ので、見守るしかない・・・と。

しかし、親としても見守るだけなんて辛すぎますね(ーー;)

本当に何もできないのでしょうか?

実は、病院に問い合わせたときに教えてもらった、
赤ちゃんのためにできることが、ちゃんとあるので、ご紹介しますね。

家で見守りながらできる対処法

自宅できる対処法のステップはこちら!

・冷やしてあげる
・水分をこまめに取らせる

まずは、冷やしてあげる!

熱が出て体が熱い状態は、大人でも不快ですよね。
なので、冷やしてあげましょう。

でも、どこを冷やせばいいのでしょう?

私が病院で教えてもらったのは・・・下記2点です!

・脇の下
・足の付け根

おでこは?と、思われるかもしれませんが、
おでこは、気持ちいいだけで、熱を下げる効果ないそうです・・・。

水分をこまめに取らせる

特に、授乳中の赤ちゃんは、脱水症状を起こしやすいので
気を付けて飲ませてあげてください。

私は、いつもより授乳間隔を短くして多めに飲ませました。

白湯が飲める子は、授乳の合間に少し白湯を飲ませてあげるのもいいですね。

うちの子は、白湯を嫌がって飲んでくれなかったので、
とにかく授乳回数を増やしましたが。

まとめ

いかがでしたか。

少しは安心できたでしょうか。

副反応が怖いと思うかもしれませんが、
赤ちゃんにとって、病気を予防する「予防接種」は、とても大切なものです。

お熱が出たら、適切に対処してあげれば、
ほとんどの場合はすぐに元気になります!

でも、気がかりな点、心配な点がある場合は、
自己診断で満足しないで、接種した病院の先生にキチンと相談してくださいね。

sponsored link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA