節分の季節の定番:恵方巻き 2016年はどの方角を向いて食べるの?

sponsored link

2月3日といえば、節分
節分といえば、豆まきと恵方巻き

恵方巻きに欠かせないのが、
その年の恵方ですよね。

毎年、恵方巻きを食べるのはどの方角だっけ?
って迷ってしまいませんか?
じつは、恵方って簡単 に分かるんです。

毎年、恵方はどの方角なんだ?って
思っている人に「そうだったのか!!」と共有します。

一緒に、恵方を向いて福をゲットしましょう。

2016年(平成28年)の恵方は、西南西

恵方巻きを食べるなら、この方向を
向いて食べます。

恵方とは、その年、歳徳神様のいらっしゃる方角を言います。

歳徳神様は、「歳神様・正月様」などとも言われて、
その年の福徳(幸福や、金運など)司る神様 ですよ。

ぜひ、親密になりたいものですね(^O^)

この歳徳神様、毎年毎年、いらっしゃる場所をお変えになるので、
恵方は毎年違う方向になっているのです。

現代では、節分の恵方巻きを食べるときくらいしか
気にしない人が多い恵方なんですが、
もともと、恵方巻きを食べるためのだけの方位では
なかったんですよ。

例えば、初詣なども恵方の方向の神社に参ったり、
初めての事を行うときは恵方を向かって行ったりして、
いろいろなタイミングで恵方は意識されていました。
いまより、ずっと生活に密着したものだったんですね。

sponsored link

恵方巻きの恵方って誰が決めるの?

これ、気になったことありませんか?

ところで、毎年節分の時期になると、
今年の恵方は、◯◯の方向です。
ニュースなどで、耳にしますね。

この恵方、誰が、どうやって決めるのか
不思議に思いませんか?

じつは、恵方って、ルールがあって、
順番に巡ってくるだけなんですよ。

そのルールの基準が、下の「十干」です。

・甲(きのえ)・乙(きのと)・丙(ひのえ)・丁(ひのと)・戊(つちのえ)
・己(つちのと)・庚(かのえ)・辛(かのと)・壬(みずのえ)・癸(みずのと)

その年の西暦の末尾によって、
恵方巻きで利用される恵方がわかるって事なんです。

2016 年—南南東
2017 年—北北西
2018 年—南南東

まとめ

どうですか?
恵方巻きの恵方って簡単じゃないですか。

2016年の恵方は、「南南東」ですので忘れずに。
あとは、恵方巻きを予約するだけですね。

sponsored link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA