妊婦にとってオロナミンC(炭酸飲料)の成分は大丈夫?

sponsored link

疲れたときに、思い出す炭酸飲料。
それは、
オロナミンC

あの炭酸の効いた栄養ドリンクっぽい味が
好きという人は多いですよね。

原材料を見てみると、実はカフェインが含まれているのがわかります。
カフェインは妊婦にとって、気になる成分なのでどの程度入っているのか気になりますよね。
コーヒーをカフェインレスにすることもできますが、オロナミンCはカフェインレスにできませんから。

カフェインは、コーヒーや緑茶などに含まれている成分として有名ですが、
オロナミンCには、どれくらいのカフェイン量が含まれているのでしょうか?

そして気になる、あの陣痛にまつわる噂も検証してみます。

オロナミンC(炭酸飲料)のカフェイン量は他の飲み物と比べてどの程度?

オロナミンC1本(120ml)には、カフェインが18mg含まれています。
といっても、これだけでわかったら栄養士か調理師か科学者ですよね。

ピンとこない人もいるかと思いますので、
他のカフェイン含有飲料と比較してみましょう。

・インスタントコーヒー150ml カフェイン60~80mg
・緑茶150ml カフェイン26~30mg
・紅茶150ml カフェイン28~44mg
・烏龍茶150ml カフェイン30mg
・缶コーヒー1杯 カフェイン80~150mg
・レッドブル1本 カフェイン80mg
・栄養ドリンク1本 カフェイン50~200mg
・ココア150ml カフェイン10mg前後

というような感じになっています。
いかがでしょうか。

これらを見るとオロナミンCの他のカフェインが入っている飲み物を比べると
カフェイン量が少ないことがわかりますね。

妊婦(妊娠中)に飲んでも大丈夫なの?

妊娠中ですと、カフェインは気になりますよね?
オロナミンCにも少ないとはいえカフェインが含まれています。

イギリスの研究報告によると、妊娠中にカフェインを100mg~199mg
摂取すると、100mg以下の摂取で抑えていた者と比べ、
早産や流産、低体重出生児になる確率が20%上がったそうです。

200mg~299mgだと40%、300mg以上だと50%も増加するそうです。

sponsored link

これらの研究は各国でされており、
まとめると1日にカフェインは
100mg程度なら特に問題はない
と言えるでしょう。

ですので、計算してみるとオロナミンCを1日に6本程度飲んでも大丈夫ということになります。
そんなに飲めませんよね。

ですが、これはあくまでもカフェイン量だけ話しです。
オロナミンCには、糖分がたくさん含まれていますので、
1日に6本も飲んだら、
糖分の取りすぎによる肥満の原因になりますので、気を付けましょう。
1日に6本もオロナミンCを飲む人はそうそういないと思いますが。

ちなみに、コーヒーの場合は、
例えばインスタントコーヒーなら1日2杯程度なら
問題ないと言われています。

また、妊娠後期にオロナミンCを飲むと陣痛がくるというジンクスが
あるくらいなので、ちょっとくらいならあまり気にすることはないかと思います。

オロナミンCで陣痛がくるという噂には科学的根拠なし

「オロナミンCを飲んだら、陣痛がきた」

「オロナミンCって陣痛をよぶ効果があるみたいよ」

ってプレママ友の間で聞いたことがあるかもしれません。

オロナミンCの成分から、なにか促進剤のような影響があるのか調べてみましたが、オロナミンCが陣痛を誘発するというような科学的根拠はありませんでした。

陣痛がくるようにしたいのであれば、

・雑巾がけ

・散歩

・スクワットなどの運動(ただし、軽度なものに限る)

のほうが効果的だと言われています。

まとめ

オロナミンCに含まれるカフェインは少量であることが
わかりました。

飲み過ぎなければ、妊娠中でも特に問題はなさそうです。
妊娠中のカフェイン摂取量の目安として、
1日に100mg以内であれば、
流産や早産のリスクが増えるという報告も
あがってないようなので、特に気にすることはないですね。

カフェインの取り過ぎには注意しつつ、過度に意識して
ストレスを溜めないように注意してくださいね。

妊娠初期症状の動画みたら、少しなつかしくなりました。

sponsored link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA